注文住宅

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家-

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (スタディスペース)

スタディスペース

庭と繋がるスタディスペース。 大きな本棚を造りつけ、読書や勉強などに家族全員が使います。リビングと繋がっていながら籠った場所にあるので、家族の気配を感じつつも集中できるスペースになっています。

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (スタディスペースの緑)

スタディスペースの緑

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (リビング)

リビング

開口部を絞ったリビングルーム。 東西は隣家が迫って建っているので、天井付近に明りとりと風を通すためにすべり出しの窓を設けています

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (リビング)

リビング

リビングルームの大きな窓に設けた引込障子。 天井までの大きな窓に壁に完全に引き込むことができる障子を設けて、断熱性能を高めています。

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (外観)

外観

南側外観。 外壁はガルバリウム鋼板を一折り一折り手で折って、それを一枚一枚手で張ってつくりました。 東西は隣家が迫っており、軒を出すことができなかったので、外壁はそれ自体に耐久性のあるガルバリウムにしました。日射のコントロールは窓上に設けた庇で行っています。 庭は板塀で囲い、外部からの視線を止めて、内部空間に落着きと安心感を与える様にしています。 写真左手は自転車やアウトドアグッズを仕舞う倉庫となっています。

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (雨に濡れない玄関ポーチ)

雨に濡れない玄関ポーチ

玄関前の土間の様なスペース。 雨が降っていても濡れることなく身支度のできるゆとりのスペース。ちょっとした作業も難なく行えます。足元に開口を設け、地植えした緑を感じることができるようになっています。水道もあるので、汚れたものをここで処理することができる便利なスペースです。

おゆみ野の家-ルーフデッキのある家- (ルーフバルコニー)

ルーフバルコニー

2階のルーフデッキ。 部屋と壁で囲い、外部からの視線が入ってこないので、プライバシーが守られ安心感と開放感のある空間になっています。このスペースがあることによって、北側の寝室に光と風を採り込むことができ、北側寝室を快適な空間にすることを実現しています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

千葉県

延床面積

115.39㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

施工会社

有限会社田中兄弟工務所

1階南側にある板塀で囲われた小ぶりな庭の他に、浴室の坪庭と、2階に“もう一つの庭”があります。
「ルーフデッキ」です。生活を楽しく、豊かにしてくれると考え、結構大きめなスペースを設けました。
四方を囲われ、上方のみ開放されたこの“もう一つの庭”、周りの視線から守られた安心感と空に抜ける開放感を同時に感じることが出来る、楽しい空間になっています。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

野口修一

野口修一

野口修アーキテクツアトリエは木造住宅を中心に設計活動を行っている 一級建築士事務所です。 家づくりは建築主・設計者・工務店の3者が力を合わせて臨むもので、 同じチームの仲間です。 その3者全員が、この家をつくって「よかった」と思える仕事を目指します。

所在地

千葉県千葉市稲毛区天台5-24-7

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

野口修一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

野口修一

建築家 / @千葉県