注文住宅

『片瀬山の家2』景色を楽しめる屋上デッキのある住まい

実施時期:

2006年7月

延床面積:

105平米

内容:

建て主のS氏は、居間の床材・浴室やキッチンの仕様などにもはっりとした好みを持っておられた。
それらを守りつつ、全体の骨格を機能的で自然な建築に整理して行くなかから、個性ある住宅が出来て行ったと思う。
崖の上の配置は、風雨などの自然条件を克服すれば、景色やプライバシーなど優れた側面も持っている。
近くを歩くと、思わぬところからこの家は見える。合理的な構成としつつも特徴のある形なので、いろいろなところから見える形も変化に富み、楽しい。

景色を楽しめる寛ぎのリビング

ご家族の使いやすいように家具があちこちに配置されています。

螺旋階段・ダイニング

階段の左側の本棚は、半透明のポリカーボネイトの引戸で隠す事もできます。

吹き抜けの明るいダイニング

白い壁には吹抜け上部より日差しが差し込みます。

木目美しいキッチン

キッチンは対面式となっており、シナ合板で作られた収納が設けられました。
カウンター上部の横長の小窓からも周囲の緑が目に入ります。
キッチン本体は写っていませんが、ブルトハウプのシンプルなシステムキッチンが置かれています。

壁一面本棚の2階ホール

2階ホールよりデッキを介して離れ(書斎)を見る。
小さなホールもくつろぎの場となります。

白で統一された洗面・トイレ

白で統一され、トップライトより光が注ぎます。メディシンキャビネットは大島式とされました。

景色を楽しめる屋上デッキ

デッキに出て景色を眺める。
階段ホールから2階デッキに出たところです。

ガルバリウム鋼板の波板貼りの外観

外壁は、ガルバリウム鋼板の波板貼りとされました。1階の掃出し窓は居間の東側にある窓で木製デッキが設置されています。その上に三角にとび出した部分は9畳ほどの屋上デッキとなっており、このデッキを挟んで2階に「離れ」のように建っている書斎が見えています。