堀之内の家 (リビング/写真:繁田諭)

リビング/写真:繁田諭

堀之内の家 (リビングダイニング/写真:繁田諭)

リビングダイニング/写真:繁田諭

堀之内の家 (ダイニング/写真:繁田諭)

ダイニング/写真:繁田諭

堀之内の家 (キッチン/写真:繁田諭)

キッチン/写真:繁田諭

堀之内の家 (和と洋の組み合わせ/写真:繁田諭)

和と洋の組み合わせ/写真:繁田諭

堀之内の家 (和室/写真:繁田諭)

和室/写真:繁田諭

堀之内の家 (仕事部屋/写真:繁田諭)

仕事部屋/写真:繁田諭

堀之内の家 (寝室/写真:繁田諭)

寝室/写真:繁田諭

堀之内の家 (玄関内側/写真:繁田諭)

玄関内側/写真:繁田諭

堀之内の家 (玄関外観/写真:繁田諭)

玄関外観/写真:繁田諭

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

東京都

延床面積

265㎡

階数

2階建て

完成時期

2017年09月

施工会社

(株)山陵工務店

夫婦と両親、3人の子供の誕生を想定した2世帯住宅。
高台という敷地の長所を生かし、全ての部屋が遠方まで広がる景色と向き合えるプランとした。
旧家屋で使っていた古い建具「千本格子」を再利用する事が計画の要となった。
景色を取り込む為の大きな窓と、背が低く風格のある古い建具。
敢えてそれらの違いを強調することで違和感を無くしたいと考えた。
古い建具には厚みのある木枠をまわし、存在を主張した。
新しい建具は木枠を無くし、扉としての存在感を薄くした。
吹抜の壁にはグレーの塗装を施し、調和のとれたメリハリのある空間に仕上がった

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

阿川 宮鳥

阿川 宮鳥

住むことに喜びを感じ、住み続けるほど愛着が沸き、住む人と共によい歳を重ねられる家を目指しています。そのために対話を大切にし、住む人の個性に、しっくりと馴染む家を追求していきたいと考えています。

所在地

東京都日野市神明2-2-2ザ・ロイヤルトンA4-B

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

阿川 宮鳥さんのそのほかの住宅事例

ツカ邸

戸建リノベーション・リフォーム

1700万円 / 110㎡

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

阿川 宮鳥

建築家 / @東京都