注文住宅

サイ邸

内容:

北欧好きの建て主との出会いは、あるサイトの紹介がきっかけだった。イメージの写真を抱え、満面の笑みを浮かべながら夢を話す奥様と、その様子を嬉しそうに見守るご主人、何とも幸せな空気が事務所全体に広がった。
お二人の趣味は旅行と雑貨集め、奥様はパリで暮らした経験もあり、独自の世界観を持っている。
好きな物に囲まれ、ゆったりと寛げる住まいと、将来的に小さなカフェを営むことができる空間が求められた。
若いご夫婦にはまだ子供は居ないが、いずれは欲しい。
希望に満ちた未来に、柔軟に対応できるシンプルなプランを探りながら計画がスタートした。
あれから一年が経ち、明るく楽しげな空間が完成した。

北欧雑貨を飾る為の棚と、ベンチが一体になった家具が特徴。
メープル素材のヘリンボーンの床を基調に、優しい光が差しこむように計画した。

ウォークインクローゼット

家を計画する際、何故かご主人の隠れ家が毎回求められる。
小さなコーナーではあるが、そこに行くためだけの階段が空間に広がりと楽しさを与えれくれる。

黒の壁にmootの照明器具が映える空間。

阿川 宮鳥

住むことに喜びを感じ、住み続けるほど愛着が沸き、住む人と共によい歳を重ねられる家を目指しています。そのために対話を大切にし、住む人の個性に、しっくりと馴染む家を追求していきたいと考えています。

この専門家のプロジェクト一覧