注文住宅

小田原コートヤードハウス

実施エリア:

神奈川県小田原市

延床面積:

245平米

築年数:

3年

内容:

2世帯7人家族が明るく開放的に住むための住宅。

敷地はのどかな風景が残る小田原市郊外に位置している。

昔ながらの広い庭を持った家々が点在する中で、施主の要望と東西に細長い敷地形状を鑑みると敷地いっぱいに建物を計画することが予想された。

そこで、それぞれの空間が明るく開放的になるよう小さなコートを点在させ、空間に必要なボリュームに合わせて立体の高さを操作することで、実用的な広さと感覚的な広がりを獲得することを目指した。

無意味な余白になりがちな庭ではなく、それぞれ意味を持ったコートをつくることで、内と外の積極的な関係がうまれ、単に隣家との緩衝帯としての役割だけでなく、両世帯や家族にも居心地のよい距離感と関係性がうまれる家となった。