二世帯住宅

ミドリノイエ

内容:

4世代9人+1匹が住まう2世帯住宅です。

敷地は南と西の2方が道路に面した角地で、南側道路を介した向かいには道路に沿って緑道がつづきます。敷地の北東側には隣接する神社の大きな御神木もあり、これらの緑を積極的に取り込みつつ、歩行者や周囲の住宅からの視線を排除するよう配慮した窓の配置やボリューム構成が特徴の住宅です。

南側の建物高さを北側よりも低く抑え、その屋根の一部を天然芝で屋上緑化した小さな空中庭園とすることにより、北側に配置した2階ダイニングキッチンなどからも空中庭園越しに緑道の樹々を眺めることができ、本来ならば難しい北側の室への通風や採光も可能となりました。

屋上緑化は、日差しが最も厳しい南西部の屋根の遮熱性能を格段に向上させます。空調は屋根裏や床下空間を活用した全館空調とし、年中安定した温度環境を実現するほか、冬季には床暖房と同様の効果を発揮します。

南の窓からは緑道の樹々や前庭に植えたシンボルツリーの緑が、東の窓からは御神木の緑が、随所に樹々の緑を感じられるミドリノイエです。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

安河内 健司/西岡 久実

建築家 / @東京都

ウチとソトとの関係性を大切に、敷地のもつ力を最大限に引き出す設計を心がけています。 青い空、鮮やかな緑、柔らかな光、爽やかな風に満ち、素材感あふれる、飽きのこないシンプルな空間とプラスαの遊び心をもちあわせた建物が好きです。 外部環境に恵まれないと思われがちな都市の密集地であっても、空という素晴らしい窓が必ずあります。 屋内に居ても屋外を感じられる、世界にひとつしかないワクワクするような居場所を一緒に創りましょう。

安河内 健司/西岡 久実

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧