安河内 健司/西岡 久実さんのプロフィール

Pro

建築家

安河内 健司/西岡 久実

一級建築士事務所 group-scoop @東京都

ウチとソトとの関係性を大切に、敷地のもつ力を最大限に引き出す設計を心がけています。
青い空、鮮やかな緑、柔らかな光、爽やかな風に満ち、素材感あふれる、飽きのこないシンプルな空間とプラスαの遊び心をもちあわせた建物が好きです。
外部環境に恵まれないと思われがちな都市の密集地であっても、空という素晴らしい窓が必ずあります。
屋内に居ても屋外を感じられる、世界にひとつしかないワクワクするような居場所を一緒に創りましょう。

サービス概要

・建築、インテリアの企画、設計監理
・家具のデザインなど

対応可能業務

注文住宅 , リフォーム・リノベーション , インテリア/エクステリア/造園

注文住宅について

対応サービス

造作家具

得意な住宅の特徴

鉄筋コンクリート , 木造 , 自然素材

リフォーム・リノベーションについて

対応可能業務

戸建リノベーション , マンションリノベーション

対応サービス

家具の造作(オリジナル家具の造作) , 内装コーディネート(施工なし)

会社の強み

プラン提案力 , デザイン力 , 自然素材が得意

対応可能な最低予算帯

1000万円~

インテリア/エクステリア/造園について

対応可能業務

家具デザイン , インテリアデザイン , インテリア・コーディネート , グリーン・コーディネート , 照明デザイン , エクステリア(外構) , 造園

住所

〒106-0047
東京都 港区 南麻布3-4-8-B1F

サービス提供エリア

全国

特徴

テレビ出演あり , 雑誌掲載あり , 設計・建築関連の受賞経験あり

資格

一級建築士

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10〜15%程度(設計監理料の料率は、建物の工事費・構造・規模などにより変動します)

経歴

1973年 [安河内]福岡県生まれ
1997年 [安河内]多摩美術大学美術学部建築科卒業
1997年 [安河内]袴田喜夫建築設計室
1999年 [安河内]多摩美術大学環境デザイン学科研究室
2003年 [安河内]design pit group-scoop
2006年 [安河内]一級建築士事務所group-scoop

1969年 [西岡]神奈川県生まれ
1996年 [西岡]多摩美術大学大学院修士課程修了
1996年 [西岡]同大学建築科・環境デザイン学科研究室
2000年 [西岡]同大学絵画学科版画研究室
2003年 [西岡]design pit group-scoop
2010年 [西岡]一級建築士事務所group-scoop

受賞歴

東京建築賞 第38回建築作品コンクール[戸建住宅部門_最優秀賞]
平成24年度 日事連建築賞[小規模建築部門_奨励賞]
第25回 茨城建築文化賞[住宅部門_優秀賞]
21世紀型木造住宅建設フォーラム 第2回コンペ[実作部門_第2位]
第14回 TEPCO快適住宅コンテスト[作品部門_佳作]
第2回 トステム設計コンテスト[サッシ部門_佳作]
四国化成 第15回施工作品コンテスト[室内部門_入選]

雑誌掲載・著書

「新建築住宅特集」 2010年12月号
「新建築住宅特集」 2012年3月号
「ホームシアターファイル」 2008年8月号
「東京の若手建築家とつくる家」2012年11月発行
「別冊美しい部屋 暮らしやすい間取りで成功した家づくり」 2007年11月発行

趣味

パンづくり、料理、散歩、旅行、レザークラフト、etc.

FU_PU(風布) -素材感あふれる素の空間-

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 都内のマンション1室のフルリノベーションです。

改修前は、複数の個室に細かく間仕切られていた為、風通しが悪く、特に北側の室は、日中でも薄暗い寒々しい空間でした。
そこで私たちは、不要な壁を全て取っ払い、南北に窓があるという、この室の最大の特徴を素直に活かしたオープンな空間を提案しました。南北に爽やかな風が走り抜ける、風の通り道のような空間です。

コンクリート構造壁と水廻りスペースの間仕切壁以外、天井まで届く壁は設けていません。オープンな空間は、引戸や什器、布製パーティションなどによって適度に仕切られ、適度に繋がります。

素材感あふれる空間をテーマに、炭入モルタル、コンクリー ...

登録部屋数: 10

ナガヤネ -長い屋根と土間の家-

注文住宅事例

説明: 広くて長い敷地の特徴をいかした平屋の住宅です。
タイトルにもなった長い1枚屋根があらゆる生活シーンをゆるやかに繋ぎます。

設計を依頼された当初、この敷地は緑豊かな畑でした。近隣にとって、この敷地=畑は癒しであり、通風や採光の面でも貴重な場であることが、容易に想像できました。この家の建築による近隣へのマイナスの影響を最小限に抑えること、自ずとこれが設計の重要なテーマとなりました。

そこで、この敷地の「場の力」を損なうことなく、近隣に対する負の影響を最小限に抑え、かつ景観としても周囲に貢献すべく、建物高さを最小に抑えられる平屋で計画を進めることとしました。

数多くの案を経た結果 ...

登録部屋数: 19

ミドリノイエ -屋上に庭のある家-

二世帯住宅事例

説明: 4世代9人+1匹が住まう2世帯住宅です。
敷地は南と西の2方が道路に面した角地で、南側道路を介した向かいには道路に沿って緑道がつづきます。敷地の北東側には隣接する神社の大きな御神木もあり、郊外の住宅地のなかでも環境的に恵まれた敷地といえます。

クライアントである子世帯(5人)と親世帯(4人)とで玄関のみを共有し、他の生活帯を上下階で完全に分離することがクライアントの要望でした。これをうけ、高齢者を含む親世帯を1階に、子世帯を2階に振り分けることから計画をスタートしました。恵まれた周囲の緑をいかに風景として取り込むか、前面道路からの視線をいかに防ぐか、高齢者や子供に優しい室内温度環境をい ...

登録部屋数: 15

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。