注文住宅

軌跡の家

内容:

長年暮らしてきた都心を離れ、郊外へ生活の拠点を移されることにした御夫婦のための住宅です。
東西方向にV字の屋根を持つ住宅と、プリミティブな家形のフォルムを持つガレージが、庭を囲う配置をしています。

住宅は庭に対して東西に長く、両端に行くほど高くなる天井の行き止まりに窓を設けて、風が通り抜け、のびやかに空に向かっていくイメージをもたせました。
また、すべての部屋が南の庭に面しており、庭に向かって深い庇を出して、室内から屋外への奥行きと広がりを感じられるように計画しました。
また、バスルームと寝室の前にはそれぞれに小さな庭があり、その奥の広い庭を景色に眺めることができます。

ご主人の趣味スペースとして計画されたガレージは、地元の伝統的な小屋組の工法を用いて、広い空間を確保し、自由に収納スペースなどをレイアウトできるようにしました。外壁は、地元の杉を使用しています。

都会的な暮らしをされてきたおふたりが、その地方の文化や地域と馴染みながら、新しい暮らし方を模索していくのを楽しみにしていることを象徴するように、建築もこの地方の伝統的な工法と現代的な手法を融合させて、新しい効果を生み出すことを目指しました。

ダイニング

ウッドデッキテラス前の大きな窓を開けて。

ゲストルーム

ゲストルーム奥のカウンターは赤松のはぎ板、引出しは桜を使い、地元の職人さんたちに製作していただきました。

バスルーム

バスルームの前には小さな庭を設けて、奥の広い庭を景色に望むプライベート感を演出しています。