マンションリフォーム・リノベーション

FU-PU 風布

内容:

マンション1室のフルリノベーションです。

不要な壁を全て取っ払い、南北に窓があるという、この室の最大の特徴を素直に活かしたオープンな空間としました。南北に爽やかな風が走り抜ける、風の通り道のような空間です。

コンクリート構造壁と水廻りスペースの間仕切壁以外、天井まで届く壁は設けていません。オープンな空間は、引戸や什器、布製パーティションなどによって適度に仕切られ、適度に繋がります。

炭入モルタル、コンクリートブロック、足場板、鉄粉の錆塗装、ブラックウォールナットの無垢フローリング、バイブレーション仕上げのステンレス板、ラワン合板などなど、個性あふれる素材を適材適所に使い分けています。
コンクリートの構造体には敢えて塗装などの仕上げを施していません。一部、壁紙の下地であったモルタル壁に白いパテの痕も残りますが、これも味として敢えて残しています。

よい意味でざっくりとした簡素な間取りと、個性あふれる素材で構成した空間は、余計な飾りを必要としない「素の空間」となりました。

クライアントの好きな「青」をテーマにオリジナルにデザインした柔らかいショールのような藍染めの「布の壁」は、視線を適度に制御するほか、ゆらぎ、ひらめくことで、風という見えない空気の流れを可視化し、癒しを与えます。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

安河内 健司/西岡 久実

建築家 / @東京都

ウチとソトとの関係性を大切に、敷地のもつ力を最大限に引き出す設計を心がけています。 青い空、鮮やかな緑、柔らかな光、爽やかな風に満ち、素材感あふれる、飽きのこないシンプルな空間とプラスαの遊び心をもちあわせた建物が好きです。 外部環境に恵まれないと思われがちな都市の密集地であっても、空という素晴らしい窓が必ずあります。 屋内に居ても屋外を感じられる、世界にひとつしかないワクワクするような居場所を一緒に創りましょう。