マンションリノベーション

「T」

手掛けた建築家

設計、監理を担当

「T」 (リビングダイニング)

リビングダイニング

写真:堀内広治

「T」 (玄関土間)

玄関土間

写真:堀内広治

「T」 (リビングダイニング+ライブラリースペース)

リビングダイニング+ライブラリースペース

写真:堀内広治

「T」 (リビングダイニング+ゲストルーム)

リビングダイニング+ゲストルーム

写真:堀内広治

「T」 (リビングダイニング+ライブラリースペース)

リビングダイニング+ライブラリースペース

写真:堀内広治

「T」 (寝室+ウォークスルークローゼット)

寝室+ウォークスルークローゼット

写真:堀内広治

「T」 (子供室)

子供室

写真:堀内広治

「T」 (子供室+ウォークスルークローゼット)

子供室+ウォークスルークローゼット

写真:堀内広治

「T」 (キッチン(夕景))

キッチン(夕景)

写真:堀内広治

「T」 (ダイニング(夕景))

ダイニング(夕景)

写真:堀内広治

「T」 (キッチン+ゲストルーム(夕景))

キッチン+ゲストルーム(夕景)

写真:堀内広治

「T」 (リビングダイニング(夕景))

リビングダイニング(夕景)

写真:堀内広治

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

自宅

施工面積

119.03㎡

改修規模

フルリノベーション (スケルトンリノベーション)

間取り

3LDK → 2LDK

築年数

36年

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

都内ビンテージマンションのフルリノベーションです。

改修前はT字型の間取りで、Tの字の脚元先端に玄関、そこからのびる中央廊下、廊下を挟んだ左手前にトイレ、右手前にキッチン、左奥に洋室2室、右奥にリビングダイニングと障子で隔てた小さな和室、廊下の突き当たりが浴室という配置でした。はじめて現地を訪れた際、現状のポテンシャルの高さに特に何もする必要がないと感じました。

私たちが作為的にやったことはただ1つ。小さく暗い印象だった玄関とその先につづく無駄に長い廊下を統合し、タイル貼の広めの玄関土間としたこと、これくらいです。家の中心部を貫く玄関土間により、公私を完全に分かちます。

「公」の空間は、クライアントの求めるライブラリースペースを確保すべく、元のリビングダイニングを長手方向に分割する巨大なマントルピースのようなモルタル製の腰高の収納を配置。元の和室はリビングと同じ床材で仕上げ、通常はリビングの延長空間として、来客時は引戸で間仕切りゲストルームとして機能します。

「私」の空間は、限られた面積のなかで、クライアントの求める子供室、寝室、多めの収納を確保すべく、元の洋室2室の間仕切を無くして大きな正方形の空間をつくり、入れ子状に夫婦の寝室を配置、その周囲半分に子供室、もう半分にクローゼットを配置しています。

両空間で素材も使いわけ、T型プランの特性を素直に活かしたメリハリのきいた家となりました。

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション)

所在地

東京都港区南麻布3-4-8-B1F

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

安河内 健司/西岡 久実さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

安河内 健司/西岡 久実

@東京都