二世帯住宅

鳥山町の家

内容:

高低差のある2本の道路に接した敷地に、1階と2階からアクセスできる二世帯住宅を計画しました。外観は2種類のタイルを基調とし、周辺の住宅環境に配慮して開口部(窓)の大きさや位置を決定しています。
 計画当初はパティオ(中庭)を作って光と風の流れを確保するプランでしたが、打合せを重ねる中でパティオは室内の吹抜へと変化し、代わりにその中央に4つの天窓を配置することで室内へ光を導くようにしました。また吹抜廻りを回遊できる廊下によって、空間の豊かさと世帯間の生活のつながりを共有し、どこにいても視線や声の届く、開放性をもった二世帯住宅となりました。