別荘

海辺のシェルハウス

種別:

別荘

内容:

変奏の行方

千葉県の南房総市に計画された週末住宅である。はじめて敷地を訪れたとき、その海岸線からの近さに驚かされた。そして同時に、海に面している敷地境界線以外の3つの辺に対して、実はあまり開くことのできない敷地条件だと言うことに気付かされた。真横が夏は海水浴客や臨海学校で子供達が大勢押し寄せる海水浴場であり、釣り客の途絶えることのない防波堤に面していること、残りの2辺は同時に宅地として販売された住宅地であることからだ。とはいえ、静かな海に面した土地。何らかのよりどころを保ちながら、その素晴らしいロケーションを生かした建築にしたいと思った。スケッチを繰り返すうちに、建築そのもので他者の視線を遮りながら海と空を切り取る、という方向性が導かれた。

海と空に開くバッファーのような外部(これは中庭空間に結実する)を囲い取るような建築を思い描いているときに、ふと浜辺に打ち上げられた貝殻を想った。そして幼い頃、海岸で貝殻をのぞき込んだり耳を当ててみたりした経験がよみがえったのだ。平坦な地面の上に自律的なかたちでポンと置かれてはいるけれども、毅然として佇む。そこには、この敷地だからこそ導かれる建築のカタチがあるように思えた。

貝殻の中に入ってみたい、そしてその中に響く波音を聴いてみたい。

それは、この建築へと向かう明確な意志に変わった。貝殻に包み込まれるような空間(シェルター)を獲得するためには一つ越えなくてはいけないポイントがあると思った。それは「壁」、「屋根」という認識を揺さぶることだった。だから、「壁」を傾けて「屋根」と呼ばれているものまで空間の覆いを連続させようと考えたのだ。

<貝殻>を木造で作るための抽象化プロセスとして、想定される曲面を多角形に分割し、海に面した部分を切り取った。切り取らずにグルリと一周していれば、この構造だけで構成することができるが、切り取られることで切断面は壁内のブレースで補強され(その形態がそのまま三角形の窓に現れている)中庭側に鉛直力を受け持つ細い鉄骨柱を立てた。名付けるとすれば、木造による多面体セミモノコック構造。外皮の構造用合板で剪断力を負担し、面内の軸力と面外方向の曲げ応力を縦リブで負担する構造形式である。ここではその空間の力強さをストレートに表現するために構造体を内部に剥き出しにすることとした。開き止め金物やHD金物一つ内部には露出させないようにディテールを練り、まったく逃げのきかない施工精度を要求することにはなってしまったが、襞のような構造部材がリズミカルに連続していく室内空間が導かれた。

通気口を兼ねたトップライトや中庭からの光で、<貝殻>の中は一日を通して変化し続ける。水面のうねりを眺め、波の音を聴きながら季節は巡る。冬の時期に正面に沈むように設計された夕陽を眺めている時間。それを木造のシェルが包み込んでいる。

(廣部剛司)

廣部剛司

建築は「音楽」のように 昔から趣味で音楽をやっていることもあって、曲をつくるように建築を設計しています。そういうと不思議なことに感じるかも知れませんが、私にとっては「建築」は音楽に似ている、と感じたところがこの道に進んだきっかけだったので自然なことなのです。 建築は建つ場所(地球)にしっかりと腰を据えていますが、地球そのものが動いてくれることで、1日の中でも様々な光が刻々と差し込み、季節によってもそれは変化していきます。建築の中に佇み、地球の動きを感じていられるということは、そこで過ごす人に「自分自身は地球の一部なのだ」と語りかけてくれます。尊厳を持って人がその空間に身を置くために、そういった感覚が持てるということが、とても大切なことなのではないかと感じています。 時間の推移と共に動くという意味では、人がその空間の中を「動く」時にも、音楽が生まれていきます。流れゆく時間の中で推移して、その瞬間に消えていくことが音楽の儚く美しいところで す。スケッチを重ねながら、建築を体験する流れ(シークエンス)に音楽的な構成を持ち込んでいます。それは空間体験を曲の記憶のように刻んでいくことでもあります。 また、音色を紡ぐということと、どんな素材を使うのかということも深く結びついています。それは寸法やプロポーションなどだけではコントロールできない空気感を支えています。 美しい音楽を聴いていて「心が動く」瞬間があります。そのとき、あまり言葉で説明できないような感情の動きが生まれる。できることならそんな建築をつくりたいといつも思っています。