注文住宅

void 大きな気積をもついえ

費用:

2500万円

エリア:

三重県

実施時期:

2009

内容:

箱型の、通りに向かっては寡黙なかたまり。
中には大きな吹き抜け空間を。
階下と階上の気配のつながりと、大きな窓から外への開放感を意識した住宅です。

住宅街のなかにある寡黙な箱、というイメージの正面外観。
道路と建物が近いので、風通し上必要な部分のみの開口部としました。
外壁は対候性ガルバリウム鋼板と、レッドシダーの板張り。

庭側からみた外観です。
建物の中央が大きな吹き抜けになって、それぞれの場所をつないでいます。

玄関にはツタを絡ませるレッドシダーのルーバー壁。
玄関ドアもレッドシダー無垢材のもの。船舶用照明を取り付けました。

玄関内部。壁面全体を収納に。奥は階段下を利用した納戸になっています。

リビング。部屋の半分は上階への吹き抜けとなっています。部屋と同じ面積が外部デッキとなって、庭へつながって行きます。

リビング。キッチンが奥に見えます。右側の扉は水周りへのアクセス。
床はパイン無垢材で足触りを柔らかく。

キッチン。IKEAパーツを組み合わせることで分離発注し、コストダウンしました。目線の高さに庭側への開口部を設けて明るく。吹き抜け越しに上階への階段が見えます。

水周りへはキッチンパントリー(食品庫)わきからと、リビングからの両面アクセス。家事動線を回遊させることは常に心がけています。

洗面と洗濯コーナー。このあたりもIKEAパーツを分離発注しています。
脱いだ衣服は洗濯→取り込んだ衣服を畳んでしまう、までがワンストップで出来るように。

リビングダイニングの一角に上階への階段。最初の数段を広くして、ベンチ使いができるように。

階段の上。吹き抜け上部にデッキが設置されています。材は外部と同じくレッドシダー。

インナーデッキに面して各部屋があります。主寝室は足元の風抜き窓、子供部屋には下階のキッチンとつながるのぞき窓を付けました。

インナーデッキはそのまま外部へと伸び、バルコニーにつながっています。

インナーデッキの一角に、階段向きのワークスペースを設けました。
板を外して足は階段に向いてブランブランさせながら使用します。子どもの勉強や、大人の趣味のコーナー。

男の子2人の部屋。小さいうちは一室で、成長と共に2室に間仕切ります。

キッチン・子ども部屋側を見た吹き抜け上下の関係。
のぞき窓の下にダイニングキッチン。

階段・ワークスペースを見た吹き抜け上下の関係。
インナーデッキを介してつながります。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

鍵谷啓太 / 井上佐和子

建築家 / @大阪府

大阪の設計事務所です。新築戸建の他に、リノベーションにも力を入れています。

鍵谷啓太 / 井上佐和子

建築家 / @大阪府

この専門家のプロジェクト一覧