畳と木の香り、ご家族の温かな空気感が写真を通してふんわり漂ってくる。。。不思議

注文住宅

寺庄の家

手掛けた建築家

寺庄の家 (ダイニング)

ダイニング

本敷地は南北に間口が広く、敷地にも余裕のある新しい住宅地に建てられた好立地の計画地です。そこでこの立地条件を生かしつつ将来性も考え出来る限りの用途を一階に設け、この地域のひとつのシンボルともなる平屋のようなどっしりとした佇まいの建物を目指した。 建物全体に軒の深い切妻屋根を設け外部からテラス、内部へとひとつの屋根が連なり、どの部屋にいながらもひとつの屋根で家族の気配を感じ、家族がひとつになれる空間を創り出した。 風の抜ける南面に設けた軒の深いテラスは、この家の第二のリビングとしても活用でき、昔の縁側空間のかわりを果たしてくれます。

寺庄の家 (外観)

外観

本敷地は南北に間口が広く、敷地にも余裕のある新しい住宅地に建てられた好立地の計画地です。そこでこの立地条件を生かしつつ将来性も考え出来る限りの用途を一階に設け、この地域のひとつのシンボルともなる平屋のようなどっしりとした佇まいの建物を目指した。 建物全体に軒の深い切妻屋根を設け外部からテラス、内部へとひとつの屋根が連なり、どの部屋にいながらもひとつの屋根で家族の気配を感じ、家族がひとつになれる空間を創り出した。 風の抜ける南面に設けた軒の深いテラスは、この家の第二のリビングとしても活用でき、昔の縁側空間のかわりを果たしてくれます。

寺庄の家 (リビング)

リビング

本敷地は南北に間口が広く、敷地にも余裕のある新しい住宅地に建てられた好立地の計画地です。そこでこの立地条件を生かしつつ将来性も考え出来る限りの用途を一階に設け、この地域のひとつのシンボルともなる平屋のようなどっしりとした佇まいの建物を目指した。 建物全体に軒の深い切妻屋根を設け外部からテラス、内部へとひとつの屋根が連なり、どの部屋にいながらもひとつの屋根で家族の気配を感じ、家族がひとつになれる空間を創り出した。 風の抜ける南面に設けた軒の深いテラスは、この家の第二のリビングとしても活用でき、昔の縁側空間のかわりを果たしてくれます。

寺庄の家 (外観)

外観

本敷地は南北に間口が広く、敷地にも余裕のある新しい住宅地に建てられた好立地の計画地です。そこでこの立地条件を生かしつつ将来性も考え出来る限りの用途を一階に設け、この地域のひとつのシンボルともなる平屋のようなどっしりとした佇まいの建物を目指した。 建物全体に軒の深い切妻屋根を設け外部からテラス、内部へとひとつの屋根が連なり、どの部屋にいながらもひとつの屋根で家族の気配を感じ、家族がひとつになれる空間を創り出した。 風の抜ける南面に設けた軒の深いテラスは、この家の第二のリビングとしても活用でき、昔の縁側空間のかわりを果たしてくれます。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

滋賀県甲賀市

手掛けた建築家のコメント

本敷地は南北に間口が広く、敷地にも余裕のある新しい住宅地に建てられた好立地の計画地です。そこでこの立地条件を生かしつつ将来性も考え出来る限りの用途を一階に設け、この地域のひとつのシンボルともなる平屋のようなどっしりとした佇まいの建物を目指した。

建物全体に軒の深い切妻屋根を設け外部からテラス、内部へとひとつの屋根が連なり、どの部屋にいながらもひとつの屋根で家族の気配を感じ、家族がひとつになれる空間を創り出した。
風の抜ける南面に設けた軒の深いテラスは、この家の第二のリビングとしても活用でき、昔の縁側空間のかわりを果たしてくれます。

いい家!
6

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

HEARTH ARCHITECTS

HEARTH ARCHITECTS

HEARTH ARCHITECTS

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

滋賀県甲賀市水口町松栄2-4

対応エリア

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 福井県 / 岐阜県 / 愛知県

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

HEARTH ARCHITECTSさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

HEARTH ARCHITECTS

@滋賀県