注文住宅

HouseM

実施時期:

2012

内容:

閑静な住宅街に建つ、木造平屋の住宅。
敷地の真ん中に6.0x6.0mのスペースを確保し、そのまわりにトイレやお風呂、キッチン、収納やベッドスペースがそれぞれ必要な大きさで敷地全体にラッパ状に広がって張り出している。それらに2x12材の梁でつくられた大屋根がふたのように乗っかって全体を構成している。貼りだしているラッパ状の隙間からは外の木々が見えたり、ドアがあって出入口になっていたり、車をとめるスペースになっている。
大きな屋根の下の、光が差し込むおおらかな居住のスペースが、それを補う機能的なスペースによって支えられているという構成をひとつのかたちとして表現している。

篠崎弘之

そこに住まう人それぞれに、新しい価値観を創造できる住宅をつくります そこに住まう人にとって快適で豊かな世界を一から創りだすこと、それが新しい価値観を、様々な関係性をつくる一歩だと考えています。そして、それがそこに住まう人だけではなく、その環境や文化に将来にわたってつながっていくことを目指しています これまでわたしたちが慣れ親しんできた価値や関係性を再考し、「これからのひとと環境にとって豊かな場所」を新しく築きあうことができたらと考えています