注文住宅

三鷹の家

エリア:

東京都

内容:

都内の住宅地に建つ若い家族のための住宅です。
ここではパッシブデザインを念頭に、快適な温熱環境と光環境、そしてプライバシーの高い開放的な空間がテーマとなりました。
太陽のエネルギーは、冬場は日射取得(ダイレクトゲイン)し、逆に夏場は日射遮蔽することが有効です。しかし、敷地条件等から、冬に有効な1階部分での日射取得と蓄熱は困難でした。
建て主と意見を交わす中で、夏場の厳しい日射は遮蔽したいという強い意向があったため、建物を南側の隣家に寄せて配置することで、夏場の日射遮蔽をし冬は高い断熱性と熱容量を活かして最小限のエネルギー投入で温熱環境をまかなうこととしました。
中庭の壁に日射を反射させて室内に取り込むことで、熱を持ち込まずに、アトリエのような穏やかで安定した明るさが室内を満たします。
西側バルコニーには簾を取り付けるための金物を設置し、夏は簾による日射遮蔽をしています。太陽光は人によっては強すぎて不快なことがあり、住まい方によっては、日射取得は必ずしも適切とは限りません。
そうした特殊解として北向き中庭の家が実現しました。冬は土間蓄熱タイプの床輻射暖房で終日暖かい温熱環境をつくっています。

磯部邦夫

少し背伸びすることをお勧めします。 ちょっとした冒険かもしれませんが、年齢を問わずその年齢にふさわしい背伸びをするということです。 そうすることで、生活の新しい視点を発見したり、住まい手に豊かな働きかけを住宅はしてくれます。 設計では、家族の思いを活かした、背伸びのある住宅を目指したいと思います。