キーワード:「曲線」の読みもの一覧

キーワード:「曲線」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

カーブがもたらすやわらかさ。R壁が印象的な部屋

2018/11/14更新|2166 View443kikaku|なかむらよしみ

カーブがもたらすやわらかさ。R壁が印象的な部屋

丸窓やアーチ型の出入口など、室内のカーブ(曲線)にはいろいろなタイプがありますが、そんなカーブがあると、印象がやわらかくなります。特に面積占有率が大きいのは、カーブを帯びた壁(R壁)ではないでしょうか? R壁になると、どんな雰囲気の部屋になるのか…印象的な事例をご紹介します。

優しさが生まれる「曲線」のある家

2017/11/25更新|5744 ViewSUVACO編集部

優しさが生まれる「曲線」のある家

世の中には三角や四角などたくさんの形がありますが、住宅はコストの関係や家具の置きやすさなどから、四角で構成されることが多いものです。特に最近は地震にも強いとされるキューブ型の家が人気。しかし、家の中にどこか一つ丸みを帯びた曲線を取り入れると、雰囲気ががらりと変わります。 角のない美しい曲線は、見る人に優しさや穏やかさを感じさせてくれるものです。壁で大きく取り入れたり、小さなところでさりげなく取り入れたり。さまざまな曲線の取り入れ方を集めてみましたのでご紹介します。

曲線を取り入れた素敵な空間。オリジナリティは線でつくる

2017/06/15更新|1982 Viewムトウユカリ

曲線を取り入れた素敵な空間。オリジナリティは線でつくる

曲線を用いた素敵な住宅。憧れはあるけれども、実際取り入れるとなると家具が置きにくく不便そうなイメージ…。しかし上手に取り入れることで、デッドゾーンを作らずにオシャレな空間をつくることができます。それでは、曲線を素敵に取り入れた事例を見てみましょう。

「曲線」が生み出す優美な空間。参考にしたい7事例

2017/05/08更新|2429 ViewNaomi.Spring

「曲線」が生み出す優美な空間。参考にしたい7事例

ゆったりとした余裕を感じさせ、包まれるような安心感を与える曲線を取り入れた住まい。例えば重厚感のある外観に取り入れることで、柔らかさを演出することができたり、限られた空間を広々と見せるなど、住まいづくりにおいて注目されているのだとか。今回は、参考にしたい曲線を取り入れたインテリア事例をご紹介します。

曲線が美しい家~優しく包まれているような安心感~

2017/04/12更新|1990 View莉緒

曲線が美しい家~優しく包まれているような安心感~

建物に曲線を取り入れるようになったのは、いったいいつ頃からなのでしょう。ヨーロッパの歴史ある建造物の多くにも曲線は使われていますし、日本の建物にも曲線を取り入れたものはいろいろあります。 曲線には、人の気持ちを和らげる効果があると言われていたり、風水でも壁に曲面を取り入れると良いとも言われています。では、現代の一般住宅では、どのような形で曲線を取り入れているのでしょうか。早速見ていきましょう。

直線的な家の中に軽やかな動きを出してくれるR(アール)ラインに注目!

2016/09/14更新|2369 Viewchoko

直線的な家の中に軽やかな動きを出してくれるR(アール)ラインに注目!

四角い部屋にまっすぐのびた柱や廊下、四角い建具や家具……。家の造りはどうしても直線的になりがちです。雑貨などでその印象をやわらげることはできますが、始めから存在感のあるものにRラインを取り入れておけば、それだけで家全体に動きが生まれます。ここでは、そんなRにこだわった事例をご紹介しましょう。

曲線(R)を取り入れた優しい家~箇所別おすすめ事例~

2016/08/23更新|2847 Viewスミレ4539

曲線(R)を取り入れた優しい家~箇所別おすすめ事例~

曲線の持つ優しさは私たちの心をホッとさせてくれます。部屋や建具の形の多くが直線ですので、その一部を曲線にするだけで雰囲気がぐっと柔らかくなります。どの部分をどのような曲線にするのかによって家の表情は変わってきます。ここでいうR(アール)とは、半径(Radius)から由来する言葉で、半円型や曲線の曲面形状を示す語句です。効果的に曲線(R)を使った事例を参考にして、あなたの家も優しい印象の家にしてみませんか?

柔らかさが生まれる空間に~曲線を取り入れた家~

2015/08/10更新|3644 Viewpilo-3567

柔らかさが生まれる空間に~曲線を取り入れた家~

自分らしさを表現する方法は様々ありますが、家にもそれが言えるのではないでしょうか。人のあたたかみや柔らかさを表現するには、曲線を家に取り入れる事をオススメします。曲線の穏やかなカーブは家の印象を穏やかにしてくれます。曲線を取り入れ柔らかい空間を手に入れてみませんか?

柔らかな曲線が優しく人を包む。【R壁】のある家

2015/07/24更新|9514 ViewNoriko Kanauchi

柔らかな曲線が優しく人を包む。【R壁】のある家

部屋の形は長方形か正方形。壁は地面に垂直で直線。 同じ敷地であれば面積を広く取れるので、それが常識となっています。 しかし、ちょっと考え方を変えて壁をR(アール)にしてみると、包み込まれるように感じたり、まっすぐな壁にはない広がりが感じられたりと様々な変化が感じられます。 今回は、「まっすぐ」の常識にとらわれない『R(アール)壁』のある家を集めてみました。

人間関係を穏やかにする~円型ダイニングテーブルのススメ~

2015/06/23更新|5514 View一の瀬かのん

人間関係を穏やかにする~円型ダイニングテーブルのススメ~

ダイニングは食事の場。家族の集まる場所でもあります。 美味しい食事をいただきながら和やかに会話を楽しむ、そんな場所として「円形のテーブル」をオススメします。 この緩やかな曲線が、人の心や人間関係を穏やかにする役目を担う事もあるのではないでしょうか。

‘R‘のある暮らし~曲線がもたらす柔らかさ~

2015/03/11更新|3092 ViewSUVACO編集部

‘R‘のある暮らし~曲線がもたらす柔らかさ~

角をもたず、カーブを描いた仕上げを‘R‘と呼びます。一般的な住宅はほとんどが角を持っています。そこに‘R‘というスパイスが加わったら・・・そこは近未来的であったり、カントリー調であったりと新しい世界がプラスされます。 ‘R‘が作り出す世界観を上手に生活に取り入れた例をご紹介します。

家の中に優しいアーチを取り入れてみよう

2014/11/14更新|7616 ViewSUVACO編集部

家の中に優しいアーチを取り入れてみよう

家って直線が多いですよね。真っ直ぐは空間の使い方の効率が良かったり、家具の配置がしやすかったりと良いことはたくさん。 でも少しだけやさしい感じがほしいな…って、思ったりもします。そこで、四角い家の中にアーチの開口部を取り入れているお宅を探してみました。家の中に曲線を描く部分があると、インテリアとして変化が生まれるだけではなく、アーチの開口部が程よい目隠しになったりと、取り入れ方で色々と効果が生まれているようです。

空間を優しく彩る美しい曲線

2014/10/13更新|3785 ViewSUVACO編集部

空間を優しく彩る美しい曲線

直線は、シャープでクール・高級感・機械的。 逆に曲線は、やわらかくて優しい・親近感・安心感。というイメージを人は持ちやすい、という説があります。確かに、小さいお子様が遊べる室内などは安全の為もありますが、曲線が多様されていますよね。逆に百貨店のブランドフロア等は、直線が多いように思います。スタイリッシュでカッコイイ空間にも憧れますが、すっぽり包まれたくなる優しい空間も欲しい! 両方バランスよく取り入れることができたら、きっとお気に入りの空間になりますね。今回は、その曲線にスポットをあてて、上手に取り入れられているお家をご紹介したいと思います。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る