注文住宅

N house in Warabi 蕨の家

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

山中祐一郎

建築家 / @東京都

土地のコンテクストと建主のライフスタイルを編み込んだ 一遍の布のような心地良い住宅を作りたい、と思っています。 土地とはつまり、場所、環境、風土。 住宅は、何処にでも建ち得る、誰でも住み得るような建物ではないはず。 だから、その場所だけの、その建主ならではの、家をつくること。 それが私たちの設計に対するスタンスです。 それは「無」から「有」を生み出すのではなく、 「有」から新しい「有」を紡ぎ出すこと。 つまり編集が建築の本質であって、 その始まりはいつも、住まい手である建主の「想い」の中にあるのです。 その「想い」を是非、私たちにもお聞かせ下さい。