注文住宅

南砺市の家

実施エリア:

富山県南砺市

内容:

敷地は、新設される南側の市道と既存の北側の道路に挟まれた東西に細長い三角形の形状である。夫婦二人が住むための居住スペースと、正月などに大人数が集まったときの広いスペースを求められた。

散居村の風景が残るこの地域において、建築のボリュームと形態が突出しないように、色彩とプロポーションを抑えた建築とした。
東西に長い敷地のため居住スペースを南面させ広い開口部を設けているが、新設される道路からの視線や、騒音を考慮する必要があった。北側の垂木構造を表した勾配天井のリビング空間と寝室に南向きのハイサイドライトを設け、空へ抜ける視線と通風・採光を確保している。また積雪の多い地域のため屋根雪は敷地背面の空地に落とし、アプローチには屋根のある広い空間を設けるとともにガレージ内からも住宅に入ることができるようにしている。車いす対応のトイレを寝室に隣接させ、廊下の幅もゆったりとしてバリアフリーにも考慮している。
リビング前面の縁側から連続する玄関ポーチが取り囲む前庭は、来客など外部の気配を建物内から感じられることができる空間となっている。

外観夕景

建物内部に灯りがともると、玄関の格子網戸、リビングの格子壁、和室の障子から暖かい光がもれてきます。

和室

太鼓張りの引込み障子を閉めたところです。和室の壁・天井・建具は撥水加工された越前和紙(玉紙)を使っています。

たたみ廊下とつながる和室

和室とたたみ廊下を仕切る障子は太鼓張り(障子の桟の両側に障子紙を張ったもの)で光を通して障子の桟のシルエットが見えます。障子の上部は桟だけで、視線を遮りながらも連続した空間としています。

たたみ廊下

たたみ廊下の正面は飾棚で、小さな照明が組み込まれています。飾棚の上部は跳ね上げ式のパネルとなっており、エアコンを使うときに開けて普段は目立たないようにしてあります。たたみ廊下左側の3枚引込み障子を壁内に引き込んで和室とたたみ廊下を連続させることができます。

リビング・ダイニング

リビングとダイニングキッチンは、それぞれ広縁との間に1間幅の引戸で開閉でき、外部からの視線をコントロールするために格子を入れてあります。

リビングと一体となる広縁

1間幅の広縁と1.2mの庇によって、夏はリビングへの日差しを遮ります。広縁はそのまま廊下となって奥の寝室まで繋がります。右側の垂木をあらわしたリビングの照明は、勾配天井から吊されたボール球のペンダント照明です。

内玄関につながるガレージ

ガレージは右側の木製ハンガー引戸(吊戸)から入ります。ガレージから直接スロープを上って内玄関に繋がります。スロープ下の郵便ポストは玄関ポーチの外壁から貫通して、ここで受け取ることができます。

広縁につながる玄関ホール

広縁の引戸を開けると、正面は和室に繋がるたたみ廊下となっています。

玄関ホール

玄関ポーチのジョリパット塗の壁が玄関内部まで連続しています。玄関に入って引戸を開けるとリビングに連続する広縁です。引戸の袖はガラスとなっておりリビングから玄関の気配を感じることができるようになっています。

格子網戸を組み込んだ玄関

玄関ポーチ正面の玄関引戸は米杉板の木製建具。建具の右側はFIXガラスの壁になっています。玄関戸、FIXガラスの間に、もう一枚網戸の入った格子戸が設置してあり、引戸の開閉のバリエーションで風通しや戸締まりを確保できるようになっています。

ガルバリウム一文字葺と立てハゼ葺の外観

南側の道路に平行して細長い建物の中央から玄関ポーチが飛び出しています。その東側(写真手前側)がリビングなどの居住スペース、西側がガレージ、寝室になっています。外壁はガルバリウム鋼板の一文字葺、正面上部と屋根は立てハゼ葺でメンテナンスフリーの材料、人が建物に接することの多い玄関ポーチ廻りはジョリパット塗の左官壁と杉野地板で柔らかい感じをだしています。正面は緩勾配の屋根とし、南側に低い軒先ラインを強調。背面は垂木構造をあらわした勾配天井の居住空間となっています。

東西に長い平屋建ての外観

南側の道路に平行して細長い建物の中央から玄関ポーチが飛び出しています。その東側(写真右側)がリビングなどの居住スペース、西側がガレージ、寝室になっています。