注文住宅

東区 アオダモの家

実施エリア:

愛知県名古屋市

延床面積:

132平米

内容:

敷地は、市の中心近くにありながら、住宅も多く見受けられ、都市生活を楽しめる地域にある。東と北に接道した角地で、東側間口は約8.5m、北側道路は古くからある商店街につながっている。
車や人の通行に配慮し、騒音や視線から守られた、安心できる住いを心掛けた。二重性を持たせた東、南面の外壁と木製ルーバーは、落着いたエントランス空間を造り、2階のリビングのプライバシーの確保しつつ、生活の気配を街に伝えている。
2階には温水床段房を、基礎下には土壌蓄熱方式の暖房(サーマ・スラブ)を設けた。

外観 (撮影:車田写真事務所)

木製ルーバーで柔らかくプライバシーに配慮する。

森哲哉

地域性や風土を読み取り、対話とプロセス大切にした丁寧な家造りを心がけます。 住まいは何世紀にも渡り、人々の暮らしと共に歩んできました。それらの経験や蓄積から学び、今日に相応しいあり方を模索しながら伝えて行きたいと思います。