注文住宅

torimichi

実施エリア:

静岡県浜松市

実施時期:

2014

延床面積:

110平米

築年数:

1年

内容:

敷地は浜松市の北部、古くからある農家と、その農地を切り売りして建てられた新しい住宅とが混在している地域にある。
周辺の道路は農道をそのままトレースしたかのように迷路状に入り組んでおり、建蔽率が低くゆったりとした宅地が広がっている。
クライアントのご夫婦は庭での生活を楽しみながら子育てをしたいと、大きなのんびりしたこの土地を選んだ。
長細い三角形の端をカットしたような敷地形状で、周囲には西側に市道、北側は隣家数軒の共有路、南側は斜めに通り抜ける農道として使われていた2m幅の法外道路という曖昧な存在のみちに接している。
それら性格の異なるみちと庭の関わりを考えて建物の配置を決定している。子どもたちの登下校、畑仕事・神社への行き帰りなど、地域に住む人々が昔から日常的に使ってきた南側の法外道路には写真スタジオとリビングが面し、そのまま家の中に入るには躊躇するけれど縁側のように座るにはちょうど良い高さの窓を設け、そのとおりみちがにわと曖昧に建物内部まで繋がってくるような関係を作っている。また、敷地の唯一隣家と接する部分はキッチンとダイニングが面する庭とし、テラスでの食事や洗濯物干しなどプライベートな使い方ができるようにし、庭それぞれを性格付けしている。
周辺に合わせてヴォリュムを抑えるように勾配屋根としたトップの2階に寝室を配置している。
構造は外周部が木造の在来工法、内部は2*4工法の木造のハイブリッド工法となっており、2*10の奥行きのある柱にはクライアント自ら棚を設置し、本やCD、置物などを収納している。
これからゆっくりと樹木を植え、育てていこうとしているにわと通りみちの間には何の境もなく、建設時に出た土をそのまま積み上げた小山は子どもたちの遊び場となっている。
地域住民にとっても身近な公民館のような要素をもったなじみのある存在になっていくこと期待している。