注文住宅

『厚木の家』個性あふれるアットホームな住まい

エリア:

神奈川県厚木市

実施時期:

2010年

梁から下の部分を白壁にして光を反射させている様子がはっきりしている画像です。左側南からはベランダの光がまた右側北からは玄関ホールからの光が入ってきます。

ワインレッドのペレットストーブやキッチン。キッチン反対側はカウンターで手前まで伸びてテーブルになっています。奥は外のベランダで、食事の場を気軽に外へと移動できキッチンを取り巻いて、個性的でアットホームな雰囲気を出しています。

中間に天窓(トップライト)を設けています。観葉植物の置かれている部分の下はトイレである、、と分かるのは、上からの光がまぶしいトイレの中に入ったときです。

この写真は奥の天井にわずかに右のトップライトからの光を受けています。床はたたみですが竹や木、植物などで見事にエイジアンテイストのインテリアをクライアントは創っています。背後は隠し階段。

4畳半の畳の線にあわせ2階部分の構造材を組んだ格天井(ごうてんじょう)としています。

玄関土間に隣接する座敷から眺めたところです。この座敷、天井をご覧いただきたい。実は竹でできています。しかもほんのわずか透いていて隙間から光が入ってきます。直接の窓のない部屋ですが、天井全体があかるく光る。

大きな格子戸が玄関戸、木製の格子戸です。壁は漆喰、木部はべんがら、床は土間になっており廊下の延長にスノコを配し大谷石にて仕上げています。右に座敷、靴脱ぎ石とベンガラの腰周りが屋内の「離れ」のように感じさせ、なんとなく旅館の玄関?の気配です。

ベンガラ塗装を施された格子部分は全面ガラス。しかしこのように斜めにみるとガラスがまったく感じられません。あたかも壁のようです。小間返しという、幅3cmの角材を同じく3cm間を空けて連続させるとこのように壁のような格子面が出来上がります。左端にちょっとガラス面が見えてますね。

京都の町屋をはじめ伝統的な建築物には必ずある格子。このように連続させて壁のような扱いにするとモダンなイメージに。正面で見たときの軽快さとは裏腹に横から見るとこのように重厚感さえ現します。格子の追及は今後も続きます。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

藤本幸充

建築家 / @神奈川県

「歴史的建築物の保存」活動を通じ 「温故知新」-「古き」を尊び、新しい創造につなげること、伝統からの革新を目指します。 *「古い」ものも現代の感性でみると「新しい」。本物の持つエネルギーがあります。 *わびさびの感覚、ベンガラという素材、寺社建築や民家に伝わる木造伝統構法、明治・大正・昭和 の日本家屋、20世紀のモダン建築には学ぶ点がたくさんあります。   昔にもどるのではなく、歴史スパイラルの1段上を目指します。 *新築、増築、古民家再生、空家活用(昭和の家)などリノベーションやまちづくりに反映します。