戸建リフォーム・リノベーション

T 邸

実施エリア:

奈良県大和郡山市

築年数:

189年

内容:

モダンな和の住まいに
土塀と建物で囲まれた大和棟の民家。大和棟は奈良盆地や大阪平野南東部に見られる屋根の形態で18世紀後半から明治にかけて流行した。草葺で急勾配の大屋根、瓦葺きの落ち屋根と下屋、煙出しに大屋根の両端に付くうだつ、と変化に富んだ美しい姿は大和ののどかな風景によく調和している。釜屋、トオリニワ、田の字の座敷からなる。
T邸はトオリニワを残し集いや行事の場と多目的に利用するゆとりの空間に。
建具を開くと全室が一体となり日本の民家の醍醐味を体感できる。

EI 建築設計事務所

町家や古民家の再生(リフォーム)を多く手掛けています。歴史を大切に新しい風を吹き込み、気負わず、住むほどにさらに味が出る住まいを目指します。次の世代に住み続けてもらえるよう丁寧に未来を創造します。新築も同じ思いで施主とその家族の思いを形にして来ました。私たちは地域に根ざした仕事を続けています。これからも、地域の景観に入り込み環境を豊かにする住宅を創っていきたいと思います。 住宅に関する疑問、質問、ご相談を受付けます。