注文住宅

安曇野の家2

実施エリア:

長野県安曇野市

実施時期:

2014年

延床面積:

91平米

内容:

敷地は長野県安曇野市。
40代のご夫婦の暮らす住まい。
素朴で簡素で小さな木の家。
安曇野の景観に似合った家。
農的生活を楽しめる家。
屋根付きの半屋外デッキを設けて、内と外が緩やかに繋がるような家。

かつての民家には炊事場や通り庭などの土間空間や、和室の前には決まったように広縁や濡れ縁と呼ばれる縁側空間がありました。
土間は外から内へ、縁側は内から外へのつながりを強める装置として大切な役割を果たしていました。
この家の半屋外デッキはそんな使い方が出来る場所・・・

リビングダイニングより北の間を見る

暖房は薪ストーブ(シェーカーストーブ)。

通路よりリビングダイニングを見る

通路よりリビングダイニングを見る。
床:赤松板、壁:漆喰、天井:AEP塗装、ラワンベニヤ

キッチン

キッチンは大工工事と木製建具工事で製作。

北の間

壁:漆喰、天井:AEP塗装

和室(客間)

壁:ジュラク、天井:和紙

玄関ホールのステンドグラス

玄関ホールの壁にステンドグラスを埋め込む。

半屋外デッキ

半屋外デッキ。リビングと和室から出入りできる。