安曇野の家2 (半屋外デッキと植栽)

半屋外デッキと植栽

安曇野の家2 (リビングダイニングより北の間を見る)

リビングダイニングより北の間を見る

暖房は薪ストーブ(シェーカーストーブ)。

安曇野の家2 (通路よりリビングダイニングを見る)

通路よりリビングダイニングを見る

通路よりリビングダイニングを見る。 床:赤松板、壁:漆喰、天井:AEP塗装、ラワンベニヤ

安曇野の家2 (キッチン)

キッチン

キッチンは大工工事と木製建具工事で製作。

安曇野の家2 (2階多目的ホールより階段室を見る)

2階多目的ホールより階段室を見る

安曇野の家2 (2階多目的ホールより寝室を見る)

2階多目的ホールより寝室を見る

安曇野の家2 (北の間)

北の間

壁:漆喰、天井:AEP塗装

安曇野の家2 (和室(客間))

和室(客間)

壁:ジュラク、天井:和紙

安曇野の家2 (玄関ホールのステンドグラス)

玄関ホールのステンドグラス

玄関ホールの壁にステンドグラスを埋め込む。

安曇野の家2 (半屋外デッキ)

半屋外デッキ

半屋外デッキ。リビングと和室から出入りできる。

安曇野の家2 (外観)

外観

南側外観。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

長野県安曇野市

延床面積

91㎡

敷地は長野県安曇野市。
40代のご夫婦の暮らす住まい。
素朴で簡素で小さな木の家。
安曇野の景観に似合った家。
農的生活を楽しめる家。
屋根付きの半屋外デッキを設けて、内と外が緩やかに繋がるような家。

かつての民家には炊事場や通り庭などの土間空間や、和室の前には決まったように広縁や濡れ縁と呼ばれる縁側空間がありました。
土間は外から内へ、縁側は内から外へのつながりを強める装置として大切な役割を果たしていました。
この家の半屋外デッキはそんな使い方が出来る場所・・・

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

百瀬 満

百瀬 満

懐かしさをも感じられる家づくり・・・ 四季の豊かな日本の気候風土で育まれた 家づくりの伝統を踏まえながら、 健やかで 懐かしさをも感じられる、 そんな家造りのお手伝いができればと考えています。

所在地

長野県安曇野市三郷明盛1464-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

百瀬 満さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

百瀬 満

建築家 / @長野県