大屋根の家 (外観)

外観

光庭と吹き抜けのある住宅です。外壁はガルバリウム鋼板の横葺きで微妙に色の違う材料をランダムに張っています。

大屋根の家 (外観)

外観

光庭と吹き抜けのある住宅です。外壁はガルバリウム鋼板の横葺きで微妙に色の違う材料をランダムに張っています。

大屋根の家 (外観)

外観

光庭と吹き抜けのある住宅です。外壁はガルバリウム鋼板の横葺きで微妙に色の違う材料をランダムに張っています。

大屋根の家 (リビングダイニング)

リビングダイニング

光庭と吹き抜けでとても開放感があります。また室内に居ながら「空」を感じる事ができます。

大屋根の家 (リビングダイニング)

リビングダイニング

屋根勾配をそのまま室内に反映して吹き抜けとしてあります。とても開放感があり、室内に居ながら「空」を感じる事ができます。

大屋根の家 (リビングダイニング)

リビングダイニング

キッチンを回遊でき、周囲には各諸室やパントリー、サニタリーがあり廊下を介せず直接アクセス出来ます。

大屋根の家 (リビングダイニング)

リビングダイニング

玄関からリビングまで土間が続き、中庭へもアクセスできます。

大屋根の家 (和室)

和室

和室の奥は天井高さ1.4mの納戸になっています。お子さんが小さいうちはここに身の回りの物やおもちゃなどを仕舞っておいても扉を閉めれば大丈夫。

大屋根の家 (和室)

和室

和室の障子を閉めると雰囲気も変わります。

大屋根の家 (納戸)

納戸

和室に隣接している天井高さ1.4mの納戸です。

大屋根の家 (キッチン)

キッチン

集成材を利用したキッチンカウンターですキッチンは回遊でき、周囲には寝室やパントリー、サニタリーがあり廊下を介せず直接アクセス出来ます。

大屋根の家 (サニタリー)

サニタリー

トイレ、洗面スペース、洗濯干しスペースが1部屋になった広いサニタリースペースです。

大屋根の家 (洗面)

洗面

2人が同時に利用できる広い洗面スペースです。

大屋根の家 (階段)

階段

踊り場のある折り返し階段です。鉄骨階段でスッキリと仕上げました。

大屋根の家 (玄関)

玄関

広い土間の玄関です。トイレと手洗いがあり、土間はリビングまで続いています。

大屋根の家 (階段踊り場)

階段踊り場

踊り場にある洋室へのドア

大屋根の家 (洋室)

洋室

踊り場から洋室へアクセスします。

大屋根の家 (階段)

階段

上の階はフリースペースです。

大屋根の家 (フリースペース)

フリースペース

吹き抜けに面するフリースペースです。

大屋根の家 (フリースペース)

フリースペース

吹き抜けに面するフリースペースからの眺望です。とても気持ちが良いです。

大屋根の家 (子供部屋)

子供部屋

スキップフロアになっている子供部屋です。

大屋根の家 (子供部屋)

子供部屋

スキップフロアになっている子供部屋です。

大屋根の家 (寝室)

寝室

落ち着きのある主寝室です。

大屋根の家 (吹き抜け)

吹き抜け

リビングダイニング上部の大きな台形Fixです。 「空」をたくさん感じることができます。

大屋根の家 (中庭)

中庭

リビングに面する中庭のテラスです。横引きシャッターから庭へ出ることも可能です。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, エクステリア(庭・外構)

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

茨城県神栖市

延床面積

164.37㎡

階数

2階建て

間取り

4LDK以上

期間

施工:7.5ヶ月

完成時期

2018年08月

敷地は市街地から少し離れた郊外に位置し、北西側には民間の太陽光発電所が存在する。建物のヴォリュームはその太陽光発電所への影の影響を考慮して決定し、屋根形状を大屋根とした。また、屋根勾配をそのまま屋内の天井にも反映させているため、リビングダイニングは大空間となり、上部の開口部からは沢山の光が差し込み、逆に室内からは空を感じることが出来るとても開放的な空間となっている。それ以外に生まれた「スキマ」はスキップフロアとする事で断面的に変化を与えている。
 暗くなりがちな廊下を排除し、リビングダイニングを軸として各部屋へ直接アクセス出来るプランとなっている。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お子さんが小さかったのと、これから増えるであろう家族のために和室または畳のスペースを積極的に活用したいと要望しておりました。またリビング以外にも比較的ダイニングで過ごすことも多いのでキッチン及びダイニング周辺を充実させたいとの事でした。

この事例の見どころや工夫したところ

和室をLDKの一部となるような位置に配置して、和室の奥には天井高さが低い納戸を設けました。お子さんが小さいうちは着替えやおもちゃなど、すぐ手の届くところに収納ができるし、扉を閉めるだけですぐ隠せます。

事例の進み方

当初は平屋が希望だったのですが、ご希望の部屋数及び広さから結構大きい平屋になってしまう事が予想できました。そうすると内部は暗くなちなので大屋根の形状を生かして光が奥まで入る大空間のリビングダイニングをご提案させて頂きました。結果としてその空間を非常に気に入って頂けたので、それ以外の部分を何度もプランニングしては修正を重ねました。

印象に残っていること

最初の出会いから建物をお引き渡しするまでの間に、ご夫婦にも新たに家族が増えました。ご夫婦の家族の歴史にほんの一部ですが私が立ち会えたような気がして嬉しく思っております。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

RAI一級建築士事務所

RAI一級建築士事務所

クライアントの味方となり、建物を建てるお手伝いをさせて頂きます。 多数派の意見をただ取り入れるのではなく、それぞれのライフスタイルを整理して 固定観念にとらわれない提案やアドバイスをさせて頂くこと。 同じ箱でも住まわれてからの使い方や仕上げ方でその箱の可能性は広がります。 そのベースとなる箱をクライアントの立場になって一緒に悩みながら答えを 導き出す為の共同作業をさせて頂ければと思います。

所在地

茨城県神栖市堀割3-5-16

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

RAI一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

RAI一級建築士事務所

建築家 / @茨城県