注文住宅

羽根木の家-9.5坪の敷地に

羽根木の家-9.5坪の敷地に (吹き抜けのあるリビング)

吹き抜けのあるリビング

2階部分をワンルームのリビング、ダイニング、キッチンとして、吹き抜けによって、上に向かって空間が抜けることで広がりのある部屋となりました。 桧の床、スイス製漆喰の壁、柱や梁、根太などの木造構造材を表しにして、木造の家の暖かな雰囲気を表現しています。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (トップライトから光の落ちる階段)

トップライトから光の落ちる階段

階段の上にあるトップライトからの光が、各階に光を運ぶだけでなく、暗くなりがちな1階の玄関まで明るくしています。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (オープンキッチンに面したダイニング)

オープンキッチンに面したダイニング

家族みんなで料理に参加するようにオープンなキッチンに面したダイニングルーム。 竹の集成材で作ったキッチンに合わせて、ダイニングテーブルも竹の集成材で作りました。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (コンパクトなキッチン)

コンパクトなキッチン

シンプルで使いやすい、ペニンシュラ型のキッチン。 特注のステンレスカウンターと竹集成材の扉で作りました。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (子供室)

子供室

ロフト部分に作り付けのカウンターを設けて子供室しています。 居間の吹き抜けからつながって、子供が孤立せず、常に家族とのつながりを感じられるような空間としました。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (明るいバスルーム)

明るいバスルーム

狭さを感じさせないように、洗面とバスをガラスで仕切り明るく、気持ちの良いバスルームとしました。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (外観)

外観

たった9.5坪の敷地を目いっぱい利用するために、軽くて施工のしやすい、ガルバリューム鋼板のサイディングを使用しました。

羽根木の家-9.5坪の敷地に (南側外観)

南側外観

ほぼ敷地目いっぱいに建てざるを得ない状況なのですが、幸い南側のマンションとマンションの間に日の差し込む隙間があり、各階その位置に窓を設けて、光を取り入れるようにしています。3階のバルコニーは日当たりも確保できて、洗濯物を干すのにも有効です。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都世田谷区

費用

設計・施工:1800万円(税別、設計監理費別)

敷地面積

32㎡

延床面積

70㎡

階数

3階建て

間取り

2LDK

期間

設計:6ヶ月 、施工:5ヶ月

完成時期

2009年09月

施工会社

(有)依田工務店

間取り

9.5坪という厳しい狭小敷地に、夫婦+子供1人のための小さな3階建ての住宅を造りました。
小さいからこそ、内容の濃い住まいになったのではないかと思います。
無垢の桧の床にオイル塗装、スイスの漆喰、木の天井と、なるべく自然素材で作りました。
部屋の狭いことを補うように、吹き抜けの高い天井と、トップライトから落ちてくる光で、実際以上の開放感のある空間となっています。

家づくりのきっかけ・施主の要望

もともとはご主人の祖母が、戦後すぐに立てて住んでいた家を引き継いだのですが、老朽化が進んでいて、危険もあるので立て替えたいということで、依頼を受けました。
前面道路が狭く、道路後退をすると敷地が9.5坪という中で、建設可能な家の広さは限られますが、なるべく開放的で明るい家、家族間のつながりの感じられる家にしたいという要望でした。

この事例の見どころや工夫したところ

部屋の広さが限られるので、なるべく間仕切りを少なくして、吹き抜けによって上下の関係をつくる。天井を張らないことで、天井高を高く取るとともに、コストダウンにもなっています。
屋根を外断熱にすることで、高い断熱性能を維持しながら、野地板や垂木と言った構造用の木材を見せるようにしています。

施主の感想

吹き抜けによって居間の天井が高いので、思ったよりも部屋がゆったりと感じられるそうです。床暖房と高い断熱性能で、吹き抜けがあっても、足元が寒いというようなこともなく、とても快適に生活されているという感想をお聞きしました。

事例の進み方

奥様のお兄さんが家具職人ということで、キッチン家具を特注で作ってもらったり、ダイニングテーブルも作ってもらいました。

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小島建一

小島建一

家を建てるということは、そこに住む家族の生活の場を作るということだと思います。家族の生活のあり方は、家族ごとにみんな異なっているとすれば、家のあり方も家族によってまた違ってくるのではないでしょうか?常識や一般論にとらわれずに、住む人にとって一番良い家の形を、設計者として一緒に考えてゆけたらと思います。

所在地

東京都新宿区西早稲田2-17-33 カサ・ブローテ

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小島建一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

小島建一

建築家 / @東京都