注文住宅

羽根木の家-9.5坪の敷地に

費用:

1800万円

実施エリア:

東京都世田谷区

実施時期:

2009年

延床面積:

70平米

築年数:

4年

内容:

9.5坪という厳しい狭小敷地に、夫婦+子供1人のための小さな3階建ての住宅を造りました。
小さいからこそ、内容の濃い住まいになったのではないかと思います。

明るいバスルーム

狭さを感じさせないように、洗面とバスをガラスで仕切り明るく、気持ちの良いバスルームとしました。

コンパクトなキッチン

シンプルで使いやすい、ペニンシュラ型のキッチン。
特注のステンレスカウンターと竹集成材の扉で作りました。

オープンキッチンに面したダイニング

家族みんなで料理に参加するようにオープンなキッチンに面したダイニングルーム。

トップライトから光の落ちる階段

階段の上にあるトップライトからの光が、各階に光を運ぶだけでなく、暗くなりがちな1階の玄関まで明るくしています。

吹き抜けのあるリビング

2階部分をワンルームのリビング、ダイニング、キッチンとして、吹き抜けによって、上に向かって空間が抜けることで広がりのある部屋となりました。

小島建一

家を建てるということは、そこに住む家族の生活の場を作るということだと思います。家族の生活のあり方は、家族ごとにみんな異なっているとすれば、家のあり方も家族によってまた違ってくるのではないでしょうか?常識や一般論にとらわれずに、住む人にとって一番良い家の形を、設計者として一緒に考えてゆけたらと思います。