注文住宅

床段差の家

面積:

140.32㎡

エリア:

島根県

内容:

この住宅は、さまざまな高さの床を設け、動きのある建物となっています。高さを操作することで同じ景色であっても違った見え方や感じ方が生まれると考えています。ここは奥様が料理をよく作られる方でダイニングキッチンには強いこだわりがあり、配置や機能はとても良いものとなっています。そのほか、デッキスペースやロフトに吹き抜けなどがあり、充実した生活が送ることができるようになっています。

この住宅事例を手掛けた建築家

原浩二

建築家 / @島根県

家づくりは施主、施工会社、建築家の共同作業です。三者の信頼関係を築くことが家づくりの第一歩。完成までの約一年は様々な困難や問題が待ち受けていますのでそれを乗り越えるエネルギーも必要です。完成時にはそんな苦労も笑って話せる家作りをしたいと思います。

原浩二さんの住宅事例

原浩二さんのそのほかの住宅事例