2015年03月28日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

リノベーションのあるある!柱と梁を残した素敵なおうち

建物の構造上どうしても必要になる梁と柱。隠してしまうとすっきりしますが、スペース的に無駄が出ますよね。
だったら天井や壁で隠したりせずに、構造体もデザインの一部としてお部屋の眺めに取り入れましょう。
天井に高さが出ればそれだけで開放的に、壁がなくなれば本当に広さを実感できますよ。


マンションの躯体コンクリートの梁を出しました。天井、壁は白に塗り、あえて梁の部分はコンクリートむき出しに。垂直に交わる太さのある梁がデザインとして生かされています。梁に平行に配置されたスポット照明とよく合いますね。

nr邸・アンティークな家具たちが映えるお部屋に

こちらもマンションの梁と柱を生かした事例です。構造体以外の壁は作らないことで最大限に広く開放的にしました。間仕切り代わりに暖簾風に布を天井からつるすと目隠しになります。必要な間仕切りは最小限にするとシンプルライフが楽しめます。

FU_PU(風布) -素材感あふれる素の空間-

木の梁と柱天井の素材を揃えることで温かみのある空間に。
壁のタイル風のデザインともよく合います。筋交いを壁で隠さなくても、こうしてデザインとして取り入れるのも面白いです。

中古住宅 デザインリノベーション

天井までを吹き抜けにしています。屋根に近いところにも障子をはめることによって、お部屋全体の空間の広がりと明るさが増します。また、天井と壁を白く塗っているのでとても清潔感があります。

霧島の家

こちらもお部屋全体の天井をなくし、吹き抜けに梁と柱が見えています。
間接照明で天井部分を照らすことで柔らかい光がお部屋全体を包んでくれます。

カワトナリノイエ

古民家をリフォームしています。古くからの梁、柱を残すこともそうですが、耐震面から新しい柱に建て替えた部分もあります。残せるものは残して、足りない部分も協調性を持たせながら補完していくとおうちの寿命は長くなります。

古民家の再生

のどかな土地に建つ建物は山小屋風に梁、柱をそのままに吹き抜けのおうちになっています。施主様のこだわりで、素材は青森ひばを使用。家全体で木の温かさを感じられるおうちになっています。

小屋裏までの大空間「ひばの森」

柱や梁はおうちを支えてくれる大切なものです。この柱がうちを支えてくれているんだなと、毎日感謝しながら生活できるおうち。なんだかとっても安心感に包まれた生活ができる気がしますね。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • プライベートサロン
  • 2階から階段を見下ろす
  • リビングとダイニングを仕切るとラグジュアリーな空間に
  • LIVING

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問