戸建リノベーション・リフォーム

中古戸建てリノベの既成概念を変えるモデルケース

面積:

108㎡

エリア:

東京都練馬区

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「中古戸建てリノベの既成概念を変えるモデルケース」

内容:

「安全性を確保した上で、住みながら手を入れられる余白を」

気になる建物の基本的な性能部分に関しては、リビタが建物を一度スケルトン化(構造体だけの状態にすること)し、構造の安全性を確保する耐震改修や、環境性能向上のための断熱改修など、第三者機関の検査の実施や「耐震基準適合証明書」の取得など公的な基準を満たすリノベーションを実現している。これを取得している物件は、住宅ローン減税の対象となり登録免許税や不動産取得税の減額といった、税制の特例措置が受けられる。

リノベーション後の間取りは、1階に広い玄関土間とひと続きになったフリースペースがあり、2つの個室、広くて明るい浴室がある。2階は小屋裏が吹き抜けになった広いLDK。「住まい手による家づくり」ができる状態で分譲しているのも特筆すべき点。あえて空間をつくり込み過ぎず、住む人が自分で手を加えていける余地を残している。

照明はライティングレールが中心。そこから照明の電源をとり、コードを伸ばして天井の梁を手掛かりに自由に固定ができる。キッチンには天井からハシゴを吊るし、そこにS字フックをかけて調理器具などを吊るせるように楽しい仕掛けも。

きちんと安全性を確保した上で、既存の良さを生かしてつくり込み過ぎず、施主が楽しみながら手を入れる余白を残した家。今後、中古戸建てのリノベーションのモデルケースとなっていくことだろう。

玄関の右手にある窓は土間空間につながる。2階にはテラスを新設した

現しにした梁や柱がぬくもり感を感じさせる。壁は断熱改修を行い、サッシも交換した

1階は玄関土間と一続きになったフリースペース。デスクコーナーもあり、多目的に使えそう

日当りの良い2階をLDKに。どこか懐かしさを感じさせる居心地の良い空間

戸建てならではの開放感が感じられる2階リビング。バルコニーにはウッドデッキを敷き第二のリビングとして使えるようにした

浴室と洗面室はカーテンで仕切りスペースを有効に活用。断熱改修が施されているので冬も安心

駐車場だったスペースを一部庭にしてパーゴラを設置。地面にはウッドチップを敷き詰めた

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

リビタ

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

お客様お一人お一人に合わせた住まいづくりと豊かな暮らしの実現を願って、マンションから戸建まで豊富なサービスメニューで暮らしにあわせた家づくりをサポートします。

リビタさんの住宅事例

リビタさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード