戸建リノベーション・リフォーム

懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)

面積:

137.04㎡㎡

エリア:

千葉県松戸市

実施時期:

2010年

内容:

和風の古家のリノベーション
和の面影を残し,日本家屋の佇まいの中に新しいライフスタイルを目指す

不等沈下をおこしている基礎の下に潜り込み、短い鉄パイプを何本も打ち込んでレベル調整して、補強する(アンダーピニング工法)

この6畳と8畳をつなげてLDとしている

解体前の様子、床の間左の紙障子は残し、床の間の壁に窓を設けて、視線の方向をコントロールしつつ明るさと風の通りをよくしている

軒の出を深く1尺5寸延ばし,雨を楽しめる縁側にした。

この住宅事例を手掛けた建築家

渡辺貞明建築設計事務所

建築家 / @神奈川県

私たちの求める「日本のすまい」は、古きよき時代に回帰することではありません。 永い時間をかけて洗練され、受継がれてきたものを原点として 日々変化し続ける生活様式に柔軟に対応しながら 新しい「日本のすまい」のあり方を提案していきたいと思います。 コストは様々で、ローコストから数寄屋まで手がけております。

渡辺貞明建築設計事務所

建築家 / @神奈川県

渡辺貞明建築設計事務所さんの住宅事例