パティシエである施主が、空き家だった実家をリノベ。外壁が、おいしそうなチョコレート色のみずみずしい住まいに。

戸建てリノベーション

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~

手掛けた建築家

設計を担当

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (離れのレッドシダーの板張りはおいしそうなチョコレート色)

離れのレッドシダーの板張りはおいしそうなチョコレート色

この「お菓子の家」は、もともとパティシエが兄弟と共に幼少期を過ごした懐かしい家。でも訳あって長らく空家になっていました。娘さんがパティシエとしてひとり立ちするにあたり、一部店舗に改装してお菓子のアトリエを開きました。さらに両親も戻り、パティシエも含め新たに3人の家族が住む為に増築する事になりました。既存住宅の構造は軽量鉄骨ですが、木造専門の大工さんに施工を依頼する事になり、構造的条件をクリアする為、離れを作る事を提案。そして離れは外壁をシックな色使いの板張りとし、存在感がありながら裏山の緑の風景にもしっくり馴染むデザインとしました。構造的には、切り離しつつ、1階も2階もデッキで行き来できるようにつながりを作ることで、母屋と離れの心地よい距離感を実現しています。

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (実家のダイニングキッチンと和室をリフォームした「お菓子工房」)

実家のダイニングキッチンと和室をリフォームした「お菓子工房」

実家のダイニングキッチンと隣接した和室をつなげて店舗にリノベーション。知る人ぞ知る隠れ家的なお菓子工房が誕生しました。奥に見えるディスプレイスペースは元々は和室の押入れ&床の間部分。床は杉の無垢材のフローリングにし、パティシエ自らグレイッシュなホワイトで塗装。ショーケースも大工さんの手作りで見違えるような大人可愛いお菓子工房が完成しました。

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (母屋と離れをつなぐデッキスペース)

母屋と離れをつなぐデッキスペース

母屋2階のLDKと離れ2階のパティシエの部屋をつなぐデッキスペース。庭木の緑がチョコレート色の外壁に映えて心地いい。

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (木箱のような離れ2階はパティシエのお部屋)

木箱のような離れ2階はパティシエのお部屋

増築した木箱のような離れ2階はパティシエのプライベート空間、大きな窓からの借景の木立の眺めが素敵。その時々の用途に応じて引き戸で2つに仕切れます。ご両親の暮らす母屋2階のLDKとはデッキでつながり、程良い距離感で過ごせる住まいです。

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (離れの1階はカフェスペース)

離れの1階はカフェスペース

離れの1階は週末だけのカフェスペースに。大きな窓からシンボルツリーを眺めながら、おいしいケーキで憩いのひととき。壁1面は庭木の緑とリンクさせグリーンのポイントカラーでアクセントに。

お菓子の家~店舗併設2世帯住宅。隠れ家的小さなお菓子工房のあるおうち~ (住宅街にあるお菓子工房の夜景)

住宅街にあるお菓子工房の夜景

夜景。閑静な住宅街に離れの大窓からの明かりがもれて、静かな存在感のお菓子工房。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

用途

店舗併用

居住者

二世帯・多世帯

所在地

佐賀県

費用

設計・施工:1500万円

延床面積

144㎡

改修規模

部分リノベーション (前回の1期工事で長く空き家になっていた母屋1階のキッチンとダイニングを改修してお菓子工房を設置。2期工事で家族が再び生活するために母屋2階を改修してLDKを新設し、親世帯寝室もリフォーム。そして母屋と2階デッキでつながった子世帯(パティシエ)のための離れを増築した。)

階数

2階建て

完成時期

2012年08月

手掛けた建築家のコメント

設計を担当

2013 第4回佐賀の家賞 知事賞受賞『お菓子の家』
※お菓子のアトリエは店舗拡張により現在は移転しています。
「お菓子の家」は閑静な住宅街に建つ店舗兼個人住宅。この「お菓子の家」は、もともとパティシエが兄弟と共に幼少期を過ごした懐かしい家。でも訳あって長らく空家になっていました。娘さんがパティシエとしてひとり立ちするにあたり、一部店舗に改装してお菓子のアトリエを開きました。さらに両親も戻り、パティシエも含め新たに3人の家族が住む為に
増築する事になりました。既存住宅の構造は軽量鉄骨ですが、木造専門の大工さんに施工を依頼する事になり、構造的条件をクリアする為、離れを作る事を提案。そして離れは外壁をシックな色使いの板張りとし、存在感がありながら裏山の緑の風景にもしっくり馴染むデザインとしました。構造的には、切り離しつつ、1階も2階もデッキで行き来できるようにつながりを作ることで、母屋と離れの心地よい距離感を実現しています。パティシエの小さい頃の思い出が、いっぱい詰まったこの家に再び明かりをともし、家族の新しい生活が始まっています。2階のデッキから、お父さんは緑の山並みを眺めながら念願のおいしいビールを楽しみます。1階のデッキでは、お母さんがお友達と日陰でのんびりティータイムを楽しみます。休暇には、今は遠くにいる兄弟たちも新しい家族を連れてやって来て寛ぎのひと時を楽しみます。離れの外壁の板張りは、おいしそうなチョコレート色。ヤマモモの大木の陰に、そっと寄り添う黒子(木箱)のイメージです。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

佐賀県佐賀市水ケ江4丁目4-13

対応エリア

福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100〜4,500万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

エムデザインスタジオさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

エムデザインスタジオ

@佐賀県