戸建リフォーム・リノベーション

17.64m2

内容:

都心の狭小住宅地。築50年以上の老朽の激しい木造住宅だったが、新築すると建築面積が9m2になる場所であった為、現状の17.64m2が保てる耐震改修に取り組んだ。
西面に多く南面が少なかった開口を逆転し光熱環境を有利にし、部屋の奥まで光を届けるように南に階段吹き抜けと光を落とす階段状インナーバルコニーをつくった。
室内は簡易に針葉樹合板で仕上げたが、狭小空間で合板との距離感をぼかす事、光の廻り込み、カビ防止と調湿を期待して珪藻土を海綿ではたき付け、白粉の薄化粧のような「ぽんぽん」仕上げを自主施工した。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

池田雪絵+大野俊治

建築家 / @東京都

私たちは、対話を重ねる事で、クライアントと敷地のオリジナリティーを読み解き、固有で自然な豊かさを発見する事、また丁寧なヒアリング/プレゼンテーションで方向性を共有し、新しい可能性を最大限に引出す事を目指しています。光・環境・素材を大切に、環境負荷の低い建築と、魅力ある空間の融合を探求します。

池田雪絵+大野俊治

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード