注文住宅

石神井台の家

実施エリア:

東京都練馬区

実施時期:

2011年2月

延床面積:

91平米

内容:

敷地は低層住宅が密集した東京郊外、北西の角地。南、南東の隣地は今後どのような建物が建つかわからず、どんな状況下でも良好な光環境が保たれる立体的な光の廻し方を検討した。
シンプルな切妻のボリュームに空間をプラスマイナスする事で、多趣味なクライアントの遊びの場をつくると同時に、その操作が立体的に光を導き、家族の気配が伝わるようにと考えた。屋根を切欠いて出来る天体観測用の屋上デッキが開口を介してロフトと隣接させた。天井高さ制限のあるロフトには棟にミラーを貼り圧迫感を低減し、ミラーの反射でデッキからロフト、主寝室のガラス床を通して光と夜の遊びの気配を階下のリビングまで伝えている。
屋上への階段下に位置する吹き抜けはダイニングと子供部屋を光と雰囲気で柔らかく繋いでいる。
テラスと庇は夏の日差しをカットし、簡易太陽光パネルによる空気循環システムが取り入れられている。