その他

sandwich apartment

sandwich apartment (Room2-キッチン(撮影:鳥村鋼一))

Room2-キッチン(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room2-リビング(撮影:鳥村鋼一))

Room2-リビング(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room1-キッチン(撮影:鳥村鋼一))

Room1-キッチン(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room1-2階(撮影:鳥村鋼一))

Room1-2階(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room1-寝室(撮影:鳥村鋼一))

Room1-寝室(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room2-浴室入口(撮影:鳥村鋼一))

Room2-浴室入口(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room3-1階(撮影:鳥村鋼一))

Room3-1階(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room3-2階(撮影:鳥村鋼一))

Room3-2階(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room2-入口(撮影:鳥村鋼一))

Room2-入口(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room1-玄関(撮影:鳥村鋼一))

Room1-玄関(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (Room1-テラス(撮影:鳥村鋼一))

Room1-テラス(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (外観1(撮影:鳥村鋼一))

外観1(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (外観2(撮影:鳥村鋼一))

外観2(撮影:鳥村鋼一)

sandwich apartment (外観-夜間(撮影:鳥村鋼一))

外観-夜間(撮影:鳥村鋼一)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

種別

その他

所在地

東京都練馬区

延床面積

120㎡

近年ぽつぽつと空き家が目立つ日当りの良い住宅地。この場所を譲り受けた単身の施主は、3.11の後、誰かと共に住む事−ただし、高度の社交性を必要とせず、見守り機能を持ちながらも、一つの場所を緩やかに共有する自由な住み方—を希望した。
建蔽/容積をフルに使ったボリュームのインパクトを減らす為、また敷地が享受していた採光と風の抜けを生かすという希望、木造賃貸の上下の音の問題から、ほぼ縦割りで高さの異なる3つのスライス=3つの長屋に分節し、それらを南北にずらして配置した。ずれが隙と見え隠れを生み、プライバシーを守りながらも場を共有する気配が染み出るようにと考えた。
各スライスが順に他者によりかかる形で外部空間を持ち、屋上は相互の屋根に囲まれた落ち着きと開放性を併せ持っている。またスライス同士が支え合って浮かぶボリュームの下は、集いの場にもなるオープンスペースとし、風通しの良い軽やかな互助の場をつくろうと試みた。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

池田雪絵+大野俊治

池田雪絵+大野俊治

私たちは、対話を重ねる事で、クライアントと敷地のオリジナリティーを読み解き、固有で自然な豊かさを発見する事、また丁寧なヒアリング/プレゼンテーションで方向性を共有し、新しい可能性を最大限に引出す事を目指しています。光・環境・素材を大切に、環境負荷の低い建築と、魅力ある空間の融合を探求します。

所在地

東京都練馬区石神井町2-7-4 豊田ビル201

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

池田雪絵+大野俊治さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

池田雪絵+大野俊治

建築家 / @東京都