団地リノベーション

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (リビングダイニング)

リビングダイニング

キッチンを中心にしたLDK。「食で家族がつながる間取りにしたい」という奥様のリクエストです。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (リビングダイニング)

リビングダイニング

キッチンを囲む腰壁はモルタル仕上げ。無垢材のカウンターや床とも以外な調和。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (リビングダイニング)

リビングダイニング

テレビスペース。壁の裏に配線を隠して、スッキリと。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (和室)

和室

団地の懐かしい雰囲気を生かして、一室は和室に。ただし、建具は洋風の引き戸、畳は縁無しタイプを用いて、現代風にアレンジ。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (洗面室/浴室)

洗面室/浴室

洗面台も木をしつらえ、ナチュラルテイストに。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (トイレ)

トイレ

棚からつなげた手洗器がポイント。柔らかな色の壁紙で空間を明るく。

新しくて懐かしい。家族の新生活に寄り添う「団地リノベ」 (玄関土間/シューズインクローゼット)

玄関土間/シューズインクローゼット

靴だけでなく、かさばるゴルフバッグやキッズ用自転車も収納できる。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けたリノベーション会社

設計、施工、監理を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

千葉県

費用

設計・施工:990万円

延床面積

51.75㎡

施工面積

51.75㎡

改修規模

フルリノベーション

間取り

3DK → 1LDK

築年数

43年

間取り

リノベーション前

リノベーション後

手掛けたリノベーション会社のコメント

設計、施工、監理を担当

広い敷地と緑豊かな環境、充実した住民コミュニティ、堅牢な建物構造。子育て世代を中心に、いま再び人気を集めている「団地」。
築年数の古さから、価格が手頃になっていることもあり、リフォームに留まらない大規模なリノベーションを計画している方にとって魅力的な選択肢です。
S様一家も、子育てに最適な環境と、こだわりを詰め込んだ最高の家づくりを求めて、「団地リノベ」を選択したひとり。

家づくりのきっかけ・施主の要望

「もともと団地リノベがしたい! と意識していたわけではないんです。ただ自然の中で子どもを遊ばせてあげたいとか、建物がしっかりしているとか、あとは予算に合う物件……という条件で探していくうちに、この団地に辿り着いたっていう感じかな」

S様夫妻は1歳になる長男・Kくんの子育て真っ最中。
子どもの成長により良い環境を求め、自然が多いこと、スーパーや病院など日常生活に必要なものが近くに揃っていることの二点を「譲れない条件」として家探しをスタートしました。

一家はそれまで東北地方に住んでいたため、何度も都内に足を運んで物件見学に行くのは難しい状況でした。そのため家探しでは、S様が上京したタイミングでまとめて見学できるよう物件を手配。

「売主さんの都合もある中で、日程調整をするのは大変だったと思うので、担当コーディネーターさんには本当に感謝です。それに短時間で集中して見て回ったことで、それぞれのメリット・デメリットが分かりやすくなりました。決め手になったのは、窓の外に見える緑地の風景。都心のマンションにはない、のんびりした空気感に惹かれました」

この事例の見どころや工夫したところ

広いLDKの中心にカウンターキッチンを配した大胆な間取りは、奥様たってのリクエスト。

「子どもが大きくなっても、部屋にこもってしまうことなく、家族が自然とリビングに集まるような家にしたいと思って。こんな家にしたい、という自分なりのイメージがすごく強くあったので、打ち合わせにスケッチを描いて持っていったんです」

広いLDKと寝室からなる1LDKの間取り。アイランドキッチンを中心に、ぐるりと家中を回遊できるつくりで、行き来がしやすいだけでなく、Kくんがどこで遊んでいても、キッチンから様子を見ることができます。

一方、アイランドキッチンで課題となりやすいのは収納問題です。
リビングと一体の空間で、調理器具や調味料が目に入ると、家全体が片付かない印象に……。
そこで設計担当・高橋は収納量に合わせ、ワークトップ下と背面、二列のキャビネットをプランニングしました。

「持っている食器の量まで聞かれたときは驚きましたが、その結果、全部しまっても余裕のある状態に。今後子どもの成長に合わせて食器類も増えていくでしょうから、そこまで見込んでプランニングしていただけたんだ、と感動しました」

もともと押入れだった玄関わきのスペースは、土間を広げてシューズインクローゼットとして活用。
壁面に棚板を設置して、家族全員の靴を収納できるだけでなく、Kくんの自転車も置くことができるよう設計しました。

「子どもの自転車は団地の駐輪場にも停められないし、置き場所に困っていたんです。玄関に置けば出し入れも簡単だし、家の中も汚れない。この自転車を卒業したら、棚板を調節してキャリーケースの収納にも使えるようにと、可動式にしていただきました。こういう細かい気遣いが、ひかリノベさんに頼んで良かったなって」

リノベーション前の写真

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

ひかリノベ

株式会社 ひかリノベ

ひかリノベ

対応業務

リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都墨田区横網 1-2-16 東誠ビル6F もっと見る(全4拠点)

対応エリア

東京都 / 神奈川県

目安の金額

60平米 フルリノベ

600万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

ひかリノベさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けたリノベーション会社

ひかリノベ

@東京都ほか全4拠点