注文住宅

眺めのいい窓

エリア:

大阪府

内容:

古家付き土地の建て替えプロジェクト。
ダブルバリア断熱、太陽光発電、床下暖房、蓄熱暖房機など先進の設備で快適な住み心地を実現しました。

眺めのいい窓 全景

見晴らしのいい角地に建つ邸宅。
造形的な屋根とシャープな蓮窓が印象的な木造二階建てです。

この場所には鉄筋コンクリート造の駐車場を持つ、古い住宅がありました。
現在の法令基準を満たさない建物と駐車場、石垣の一部を解体し、法令規制に合致する、新しい家が建ちました。

シマトネリコが植えられた角が真南で、日当たりに恵まれた敷地です。

外壁の一部はヨロイ状の杉板で覆われたスクリーン。
その内側に建物の外壁が存在し、建物とスクリーンの二つの大きな窓から室内に、南の光がたっぷり届きます。

日当たりの良さを生かして、屋根には大容量の太陽光発電パネルを取り付けました。

眺めのいい窓 玄関

玄関に入ると、正面に広がるデッキと中庭。
中庭のヤマモミジが季節感をもたらします。
高気密高断熱だから実現できる、開放感あふれる室内空間です。

外壁は吹き付けと外張りによる二重断熱、床下暖房、断熱サッシと断熱扉。
幾重にも重ねた断熱性能で、開放性と居住性の両立を計りました。

玄関に入ると、正面に広がるデッキと中庭。
中庭のヤマモミジが季節感をもたらします。
高気密高断熱だから実現できる、開放感あふれる室内空間です。

外壁は吹き付けと外張りによる二重断熱、床下暖房、断熱サッシと断熱扉。
幾重にも重ねた断熱性能で、開放性と居住性の両立を計りました。

眺めのいい窓 玄関下駄箱

この玄関のためにデザインされたオーダー仕様の下駄箱。
横幅3mを超え収納量は抜群、対面にはコートを保存できるクロゼットを備えた玄関収納も配置。
子供の成長につれて散らかりがちな玄関ですが、仕舞う場所を作ることで家をきれいに保つ効果も得られます。

天井には可変スポットライト、飾り棚の機能も併せ持ちます。

二階からの光を誘導する、軽やかな階段。
階段吹き抜けは一階と二階を有機的につなぐ重要な役目を担うので、階段のデザインには細心の注意が必要です。
二階の床面積を減らさないように工夫を凝らしつつ、玄関ホールの開放感を損なわない抜け感を演出。
側板と段板の支えを金属で造形し、ウロコのようなささらがリズミカルに、視線を二階へと誘導。

階段を玄関や居室から切り離さずにすむのは、すぐれた断熱性能の賜物です。

玄関と中庭、リビングとダイニング、家の対角線が交差するこの空間こそ、豊かな開放感を決定づける場所。

ホールからのぞくリビングルームは、大胆に広がる吹き抜けとこぼれ落ちる光が、垂直方向の開放性も予感させます。
視界の邪魔をしないようエアコンはシーリングに、階段を支える壁に蓄熱暖房をセット。 機能面でも快適な空間を実現しています。

フロアレベルを下げてピットにしたリビング。ベンチシートのソファはもちろんオーダー家具。貼り地だけでなく、シートの奥行きや背もたれの角度、高さに至るまで、依頼者と綿密に打ち合わせて作ります。

床のタイルは床下暖房が効果を発揮する素材で、冬には足元からの暖かさを楽しめます。
背中側の壁に埋め込まれた蓄熱暖房を併用すれば、暖かさも倍増します。

ピットの天井は二階まで吹き抜け、光と風通し、格別の開放感をもたらします。
ソファの天井には夜でも読書できる照度を確保するために、調光可能なダウンライトをセット。
空間の照明はソファ手元のスイッチプレートで自在に調節可能。

家族のためだけのホテルにいるような、豊かさを実感できるリビングです。

長い一枚タイルのテレビボードもオリジナルの製作。
「家具」は家の道具。
その家のためだけに作られる造作家具も、豊かさを感じさせる大切な要素です。

中庭に面した開口部は二階まで連なり、床面から2段下がったピットとの相乗効果で、リビングに格別の開放感をもたらします。
開放感と断熱性能の裏付けとなるのが、吹き付け断熱と外張り断熱、蓄熱式と床下の暖房性能、そして熱交換式の換気システムです。

フロアごとの熱交換器は冷暖房効率を下げることなく、24時間、室内に新鮮な空気を届けます。

アイランドとカウンター、カップボード、ダイニングテーブルまで一体でデザインされたオリジナルキッチン。
面材はチェリー、カウンタートップはコーリアンで仕上げました。

ダイニングテーブルとの関係を考慮し、アイランドのカウンター下には食器洗い機をセット。
キッチンカウンターにも窓を取り付け、キッチンのどこに立ってもフロア全体を見渡すことができ、外部からの光が届く、明るいキッチンです。

カトラリートレイや包丁立て、スパイスラックなど収納内部まで充実した広いキッチンカウンター。
吊棚下部には手元灯をセットし、各種コントローラーも備えた家の中心です。

2mを超えるアイランドと3.5mのキッチンカウンター、ワークスペースもたっぷり。
アイランドはダイニングテーブルと接し、食事の支度から後片付けまで、子供が自然に手伝える配置を意識しました。

シンクとタッチレス水栓、食器洗い機をセットしたアイランド。
棚田のように繋がるダイニングテーブルへの流れがデザインのポイントです。
アイランドとテーブルをつなぐボードは取り外し可能。
実は、子供の学校のプリントが散らかって・・・という会話から生まれたアイデアで、お知らせ類を並べるスペース。
もちろん、テーブルで使う調味料の置き場としても重宝します。

キッチンやアイランドと合わせて作ったダイニングテーブル。
いぶし仕上げのスチール脚とチェリー天板の組み合わせが、落ち着いた印象です。

設計事務所との家づくりではキッチンから家具に至るまで一体で設計することで、空間のデザイン密度が高まります。
室内の色彩と質感の種類をしぼりこむことで、コンセプトを明確に表現できるからです

このカップボードは、上段の扉が観音に、下段の扉が上にスイング開閉します。
カウンター部は炊飯器やオーブンレンジを収納できる奥行きがあり、使わないときは扉を閉めて隠すことができます。
下にはすっきりと、蓄熱暖房機を収めました。
設計事務所とゼロから作りる家具やキッチンは、依頼者のためだけに作る究極のオーダーメイド。
ライフスタイルやご家族似合わせて、様々な提案をいたします。

床の間に視線が導かれる和室。
天井と壁は珪藻土、ふすまは京唐紙で仕上げました。

ダイニングキッチンに隣接し、お茶の間、子供の勉強スペースなど、日常のさまざまなシーンにご利用いただけます。
壁に引き込まれた障子を閉めてダイニングと区切れば、ゲストの宿泊スペースにも。
エアコンを天袋に収め、照明はセンサーで点灯、床下暖房で冬もほんのり暖か。
機能面でも充実しています。

窓際の障子を閉めてもほんのり明るい床の間。
懐の両側が出窓になっていて、光が二方向から入って来る、
光溜まりとなっています。

床板はヒノキの練りつけ、框は杉の面皮付き。
クラシックにもモダンにも、アレンジしていただけます。

玄関ホール・リビング・キッチンの交点となるウッドデッキ。
軒が深く多少の雨にも耐えるデッキは、アウトドアリビングと呼んでも差し支えなさそうな、魅惑のスペースです。
リビング側からもキッチン側からもアクセスしやすく、デッキチェアを出してのんびりするもよし、食事の席とするもよし。

庭の緑を眺めながら、深い軒の日陰を満喫できるウッドデッキ。
キッチンもすぐそば、朝ごはんにバーベキューに、第二のダイニングとしても大いに利用されそうです。

ウッドデッキは専用材のACブラックにテルモオイル塗装。
周囲の壁や天井は杉板に自然系塗料のオスモウッドプロテクトで木質保護しました。

広がる芝生の緑、萌える新緑、白い壁。
家族の憩いの場所となる広い庭です。

高麗芝のグランドカバーに一本立ちのヤマモミジとハナミズキ。
自前の緑陰で憩うひとときこそ、本当の贅沢と言えるかも知れません。

ホテルのバスルームような洗面室。
カウンターはキッチンやダイニングと同じチェリー材で統一しました。

ニッチ照明の美しいパウダーコーナー、外部には浴室から見えるヤマホウシやフッキソウの庭が広がります。
洗面室としてクロゼットや収納、洗濯機スペースを備えます。

リビングの吹き抜けに接した2階の書斎。

片側はほぼ天井までの本棚で壁とし、カウンターと棚板を取り付けました。
本棚の上部にはテープライトを取り付けて、夜も本が見分けられるように工夫。
ほかにもワゴン式の本棚を2台、収納量を計算して作りました。

寝室につながる廊下の洗面コーナー。
家族数によっては朝夕の渋滞を緩和すべく、寝室に近い場所に洗面やトイレを計画します。

光の回り方が美しい珪藻土独特の光の拡散が、チェリー材のミドルトーンとよく合います。
フォルムが美しい洗面器はCERAオリジナルコレクション、カウンターは造作しました。

子供室の一つにはロフトがあります。
可動する梯子を備えた、小さな”もう一部屋”です。
物置以外に、気分転換のスペースにも(?)。

この部屋のハイサイドライトはロフトよりまだ上の高さになるので、開閉は電動で。
リモコンで上部の窓を開けると、上下方向への空気の流れを実感できます。

広々した子供室、あとで2部屋に分けられるよう、エアコンやコンセントの位置まで綿密にデザインされています。

チェリーのフローリングと珪藻土の白だけを色彩とし、扉も収納建具も壁の白に合わせて、汚れを落とせるウレタン塗装。
窓から見える隣地植栽の緑が、素敵なアクセントになりました。

日が傾くと、中庭から見える情景は一変。
夕闇に浮かび上がる室内の情景。
家族や訪れる人の声まで聞こえてきそうな、あたたかな風景です。

庭部分の照明は、テラスとシンボルツリーへのスポット。
低い位置の照明効果で、夜の美しさが覚醒します。

夕暮れの澄んだ空気に佇む全景。
門扉の明かりが、帰宅する人を包みます。

家は家族が育つ場所。
帰る場所であり、巣立つ場所。
喜怒哀楽を共にする場所。

そんなことを思わせる、静かな佇まいです。
住む人の幸福の基準値を引き上げる家であるように。

この住宅事例を手掛けた建築家

古前極

建築家 / @京都府

住宅の空間すべてが、住む人にとっての”楽園”となるようにデザインします。 ”楽園”感の実現のための、デザインと構造。 身を置くことで、時間が止まったように、満たされる喜びを感じていただける空間づくりを大切にしています。 家は人生の舞台と考えてきましたが、いま感じるのは、家そのものが生きることの目的であり魂の安息を得る最終地点である、ということ。 家から出たくない家、それが「楽園」としての家と考えています。

古前極

建築家 / @京都府

古前極さんの住宅事例