いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

京都府左京区

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

京都市左京区の銀閣寺参道から少し入ったところにある住宅のリノベーション。
築30年以上の昭和時期の住宅です。もともと30坪弱の小さな家で、6~8帖の部屋が細かく仕切られている閉鎖的な間取りでしのたで、開放的にすること、ワンルームのようなつながりを持つことをデザインコンセプトとしてリノベーションしました。
既存住宅の面影をどこかに残すというのが、SpaceClipで行う場合のリノベーションの手法の一つですが、今回は天井を剥いで屋根裏の構造をしっかり見せ、また既存のアルミサッシを残すため、サッシの古さと改修した壁に違和感を生じないよう、残したアルミサッシには障子を入れています。障子は枠を全部白塗装して、通常よりも少し割り付けを大きくしているので、少しモダンな感じに仕上がっています。また、障子を入れることで結露対策や暑さ寒さ対策、カーテンのかわりのインテリアとしても役立っています。(サッシを新しくしたところは、全てペアガラス。)
ワンルーム化したため、壁の断熱材は吹付けタイプのアイシネンを使用し、屋根は外断熱にして性能を上げて、省エネ化を考慮しました。リノベーションする際、工期的な問題や寒さ対策のためユニットバスにすること多いのですが、今回は内寸に余裕があまりないため、広さを優先するため在来の浴室としています。タイルと浴槽を変えただけですが、清潔感のある浴室になりました。外観はさほど手を入れていませんが、内部を刷新して昭和の面影と古い町並みにそのまま馴染むようなノスタルジックな住宅にしています。
撮影:岡田大次郎

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

SpaceClip一級建築士事務所

SpaceClip一級建築士事務所

どうやって暮らすか、何が最低必要か、現実的な要素をふくらませながら、建築家との家はできあがっていきます。でも出来上がったものが本当に現実的過ぎては面白くない。現実と創造のエッジの部分に良い住宅はあると思います。 モノにあふれた世の中ですが、自分に合うピッタリのモノに出会うには、かなりの苦労を必要とする気がします。そして、住宅、オフィスビル、商業空間、といったさまざまな建築が広い分野で注目を集める中、たくさんのモノの中に一番欲しい「普通のモノ」が少ないことに気づきます。 「不便なモノ」、「余計なモノ」、「過剰なモノ」そんなものを払いのけて、できるだけシンプルに、心地良く、快適に、普遍的に使えるモノを目指して、ものづくりができたらと思います。

所在地

京都府京都市下京区堺町21 Jimukino Ueda Bldg.302

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

SpaceClip一級建築士事務所さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る