注文住宅

Shigaraki house

実施エリア:

滋賀県

内容:

神社の境内の敷地の中に埋め込むように住宅を計画しました。社務所と離れとの関係、家相、風通し、日照、いろいろな条件をクリアするために、また道路からの視線をできるだけ感じないように北側と東側に大きく屋根を下ろした形にして、ホールを中心として各部屋を配置しています。引き戸の建具で仕切ることによりプライバシーをたもちつつ、家族の気配がそれとなくわかるような工夫をしています。キッチン家具はマエダ木工。
撮影:岡田大次郎

SpaceClip一級建築士事務所

どうやって暮らすか、何が最低必要か、現実的な要素をふくらませながら、建築家との家はできあがっていきます。でも出来上がったものが本当に現実的過ぎては面白くない。現実と創造のエッジの部分に良い住宅はあると思います。 モノにあふれた世の中ですが、自分に合うピッタリのモノに出会うには、かなりの苦労を必要とする気がします。そして、住宅、オフィスビル、商業空間、といったさまざまな建築が広い分野で注目を集める中、たくさんのモノの中に一番欲しい「普通のモノ」が少ないことに気づきます。 「不便なモノ」、「余計なモノ」、「過剰なモノ」そんなものを払いのけて、できるだけシンプルに、心地良く、快適に、普遍的に使えるモノを目指して、ものづくりができたらと思います。