その他

Hapshuu Cake & Cafe

種別:

その他

エリア:

奈良県五條市

内容:

材木店の資材置場だった建物を全改装したケーキ店です。既存の木目調鋼板やビニールの庇、看板、配管類を撤去し、大小2つの切妻屋根が軒を並べたシンプルな外観に再生しました。小さい棟は将来的な利用が見込まれるため、開口部を取外し可能なファブリックで覆い、丸ごと一つの看板として活用しています。内部は既存の吉野杉の魅力を生かしつつ、コンクリートブロック積みのカウンター、黒板塗装の壁面、アイアンの金物などを統一感を持って付加していくことで、コストを最小限に抑えながら統一感のあるテイストにまとめました。

設計:山本嘉寛建蓄設計事務所

ロフトへと上がる階段も既存品を1/2巾にカットして再利用。

2階客席。カウンター席の一枚板は元々外壁に取りついていた旧店舗の看板を取り外し、工場で削って再加工したもの。

ロフトの床板は客席上を一部吹き抜けに変更して開放感を演出。

2階手摺と階段手摺をスチールフラットバーで一体的に製作。

黒い壁面は直接チョークで書き込める黒板塗装。

コンクリートブロック積みのカウンター。奥は可動棚とワークスペース。建具は空間を害さないように極力シンプルに製作。

既存の階段を合板で箱状に覆ってオイル塗装。

ショーケースとレジはモルタルの製作カウンターに埋込み。

出窓、引違窓、扉。大きさの違う開口に合わせてファブリックで看板を作成。ログハウスに白い凸凹が取りつくデザイン。

材木店の資材置場だった建物を全改装したケーキ店です。既存の木目調鋼板やビニールの庇、看板、配管類を撤去し、大小2つの切妻屋根が軒を並べたシンプルな外観に再生しました。小さい棟は将来的な利用が見込まれるため、開口部を取外し可能なファブリックで覆い、丸ごと一つの看板として活用しています。内部は既存の吉野杉の魅力を生かしつつ、コンクリートブロック積みのカウンター、黒板塗装の壁面、アイアンの金物などを統一感を持って付加していくことで、コストを最小限に抑えながら統一感のあるテイストにまとめました。

この住宅事例を手掛けた建築家

山本嘉寛

建築家 / @大阪府

大阪・奈良を拠点に新築注文住宅、マンションリノベーション、古民家や町屋のリフォーム、古ビルの再生やコンバージョン、店舗の設計を行っている建築家/一級建築士事務所です。シンプルで寿命の長いデザインを心がけています。

山本嘉寛

建築家 / @大阪府

山本嘉寛さんの住宅事例