マンションリノベーション

横浜市青葉区S邸_記憶を継承しながら時を紡ぐ家

横浜市青葉区S邸_記憶を継承しながら時を紡ぐ家 (壁式構造でもフレキシブルな空間)

壁式構造でもフレキシブルな空間

横浜市青葉区S邸_記憶を継承しながら時を紡ぐ家 (スイッチやコンセントプレートはあえてグレーに)

スイッチやコンセントプレートはあえてグレーに

横浜市青葉区S邸_記憶を継承しながら時を紡ぐ家 (アールに抜かれた壁)

アールに抜かれた壁

横浜市青葉区S邸_記憶を継承しながら時を紡ぐ家 (取れない壁を生かして、キッチンとつながるリビングに)

取れない壁を生かして、キッチンとつながるリビングに

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

神奈川県横浜市

延床面積

71㎡

改修規模

部分リノベーション

間取り

リノベーション後

横浜市青葉区。
駅から南北に伸びる通りは並木とセンスのよいお店が立ち並び、
常に人々が行き交い、ビンテージマンションがあったりと、
街の遷り変わりと共に時を紡いできた歴史を感じるとても人気のエリアです。

そんなエリアの魅力も踏まえながら、内装も既存の記憶を残し、
これからのご家族の生活・暮らしの変化に柔軟に対応しながら
馴染んでいくよう、大きな造作は加えず、床やキッチンには無垢材を採用し
使うほどに味が出る素材を選ばれています。


◇リビング
なるべく小物で差し色や柄物を加えたいということで、
オークの床と現わしのコンクリート、白塗装、グレーのポータズペントを採用し、
これからインテリアで変化を楽しめるよう落ちつきのある空間に。

◇将来的に子供部屋にしたり部屋を分けたり柔軟に変更可能なフリースペース
ライフスタイルに合わせて柔軟に用途を変えられるよう、
造作などはあえて加えず、家族で趣味を楽しんだり、お子さんが大きくなったら
子供部屋として使ったり。いづれお子さんが二人になっても天井が高いので
ロフトベットを造作して部屋を二つに分けたりしたりと、
使い方の妄想が膨らむ空間です。

◇収納
アールに抜かれた壁は元々キッチンとリビングを繋いでいた場所。
そのまま生かして、登山やスノーボードなどの
アウトドアがお好きなお二人の趣味の道具をしまえる収納に。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けたリノベーション会社

リビタ

株式会社リビタ

リビタ

対応業務

リノベーション

所在地

東京都目黒区三田1丁目12-23 MT2ビル

対応エリア

東京都 / 神奈川県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

リビタさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

リビタ

リノベーション会社 / @東京都