マンションリフォーム・リノベーション

理想のインテリアに囲まれて、好きな街で暮らす

費用:

700万円

実施エリア:

東京都中央区

延床面積:

51平米

築年数:

15年

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「理想のインテリアに囲まれて、好きな街で暮らす」

内容:

【リノべりす掲載中】
こちらのプロジェクトは『リノべりす』に記事が掲載されています。
http://renoverisu.jp/case/p/rebita-ideal/

『リノべりす』とは?
扶桑社の中古マンション×リノベーション専門誌「リライフプラス」とSUVACOのコラボレーションのリノベーション情報サイトです。
http://renoverisu.jp/about/

 昔からインテリアが好きで、家を買うなら中古マンションをリノベーションすることに決めていたというIさんご夫妻。東京の下町が好きで、奥さまの実家がある中央区にエリアを絞って物件を探していたという。 「路地や小さな商店があり、川や公園も近い人形町を希望していました。建物が密集したエリアなので、南に面した窓からの抜けが良く、銀杏並木が見えるこの物件を見つけたときは嬉しかったです」(奥さま)
 リノベーションは、南側のバルコニーから光が入る2LDKの既存の間取りを活かしながら、中央のリビングを最大限に広げ、チェッカーガラスの建具で部屋を間仕切り、いろいろな方向から光を取り込むプランに一新。50 ㎡強の面積に個室を上手く設けながら、広がりと開放感をもたらす空間へと生まれ変わらせた。

ヴィンテージ感あふれるインテリアで話題を集めるニューヨークの「Ace Hotel」を参考に、リビングや個室の床は無垢のナラをヘリンボーン張りにし、玄関の土間から通路、水まわり、トイレの床に丸いタイルを敷くなど、仕上げの素材にもこだわっている。 「採光という機能面からガラスの建具のアイデアが生まれましたが、ドアの雰囲気などは昔の小学校みたいで懐かしい印象もあり、ヴィンテージというテーマに上手く合っていると思います」(Iさん)
休日は5ヶ月の娘さんを連れて街を散歩し、近くの商店で和菓子やコロッケなどを買って公園で食べたり、リビングの大きなソファでくつろぎながら、窓に広がる銀杏並木を眺めて過ごすことが多いという。 「家にいる時間も好きですが、近所を散歩するのも好きですね。好きなインテリアに囲まれて好きな街で暮らす。その両方楽しんでいます」(奥さま)

廊下から見たリビングダイニング

型板チェッカーガラスを用いた建具で各部屋をゆるやかに間仕切り、光あふれる広がりのある空間を実現。

この専門家のプロジェクト一覧