マンションリフォーム・リノベーション

denim601

実施エリア:

京都府京都市中京区

延床面積:

64平米

築年数:

17年

内容:

リノベーションコンセプト

 今回も「 中古購入 × リノベーション 」をご依頼頂いたのですが、物件のご購入に関しては、結果的に他社からの紹介物件を気に入られたため、最終選考のための内覧同行からリノベーションまでを弊社でお手伝いさせて頂きました。

 今回の物件は、京都のまちなか( 田の字地区内 )で、地下鉄烏丸御池駅より徒歩7分の立地に建つ、どちらかと言えばこぢんまりとした都市型の分譲マンションです。

 もともと、いわゆる「 新耐震基準 」の建物であることを条件にお探しになっていたこともあり、築年数も17年とそれほど古いものではありませんでした。
お部屋の方は、高層階の最上階で、ワイドスパン( 間口が広いこと )のバルコニーからの眺望が素晴らしく、とても明るい部屋だなぁ・・・と言うのが第一印象でした。

 専有面積は約64m2で、リノベーション前の状態は、和室と洋室とリビングで構成された、ごく一般的な2LDKのゾーニングでした。( 前所有者によって、数年前に全面的なリフォームが施されていましたので、そのままでも充分に住める、手入れ不要の状態でした。 )

 ただ、キッチンが奥まって孤立していたことや、全体的に美しくスッキリとはしていたものの、リビングに和室が繋がっているなど特徴のない内装でした。

 このため、奥まったキッチンを開放的に、バルコニーの方向に向けた対面スタイルへ変更できるか?などの疑問点について内覧の際にご質問等を頂きながらアドバイスさせて頂きました。

 また、同時に他のマンションも比較検討されていましたが、全体的な条件のバランスや上記の様なアドバイスを考慮されながら、最終的にこの物件に決められたのでした。

 リノベーションに際してのお客様からのご要望は、奥まって孤立しているキッチンをバルコニー側に向けてオープンにすることと、将来ご家族が増えられた際にも対応できる様、2〜3LDKのゾーニングにすること、またデザイン的には、あのTRUCK FUNITURE(http://www.truck-furniture.co.jp)の無骨な雰囲気の家具が似合う様な、どちらかと言えば男っぽいイメージのミッドセンチュリーテイストの空間に仕上げたいと言うことでした。

 イメージの部分に関しては、いつもの様にお客様よりご提供頂いたスクラップ写真やウェブサイトのイメージ写真などを参考にしながら、ご要望のデザインテイストを把握させて頂きました。

 打ち合わせに際しては、以上の様な内容を踏まえて、はじめに1LDKと2LDKの2パターンのゾーニングプランをご用意させて頂きました。
そして、それらのプランを叩き台に打ち合わせをさせて頂く中で、もう1案3LDKのゾーニングプランも提案させて頂き俎上に乗せましたが、最終的にはそれらのゾーニングを参考に将来的に区画ができれば良いと言うことで、3パターンの中より、現時点での快適性を優先した1LDKのプランを選ばれました。

 また、今回メインの空間である、リビングの床の仕上げをどうするか?と言うことで最後まで悩まれましたが、最終的にはせっかくのリノベーションと言うことで思い切られ、モルタル土間仕上げを選ばれました。
同時に、フローリング部分にも、幅が広めの無垢パイン材を使うことで、より無骨さが感じられる様に仕上げました。

 あと、今回ドアや収納扉などの面材にはナラ材を使用し、ご購入の予約をされている、前述のTRUCK FUNITUREのダイニングテーブルのテイストにできるだけマッチする様にしました。

 ちなみにキッチンに関しては、ステンレス仕上げのシステムキッチンをご要望だったため、お客様に直接IKEAまで出向いてもらってご購入頂き、施主支給の形で納入して頂きました。( 業務用以外の他のキッチンメーカーのシステムキッチンの商品では、コストが合いにくかったため。 )

 こうして、使い込んで頂くほどにさらに味わいが出てくるであろう、無骨な雰囲気のミッドセンチュリーテイストの空間が完成しました。( 家具などのインテリアが入っていないので伝わりにくいかも知れませんが・・・。 )

 完成したキッチンからは、ご要望のイメージ通り遠くの山々が見渡せ、開放感を感じて頂ける空間になりました。きっと毎日のお料理もワクワクしながら楽しんで頂けるものと思います!

■ 物件概要/1993年5月新築( 築後17年 )・京都市中京区油小路通姉小路下ル宗林町・区分所有マンション・個人住宅リノベーション・床面積60.79m2(内法)・構造:RC造6階建

■ 主要各部仕上および素材/壁面および天井:スケルトンAEP塗装仕上( 一部PBうえAEP塗装 )・床仕上:モルタル土間クリア塗装仕上、無垢パイン材フローリング貼りOSオスモオイル塗布仕上( 寝室のみタイルカーペット貼り仕上 )・バスルーム:造付のうえ床50角タイル貼り仕上( バス、洗面、トイレワンルームタイプ )・玄関:モルタル土間クリア塗装仕上・建具、棚板等木部:ナラOSCL塗装仕上・キッチン:50角磁器タイル貼りオリジナルカウンターキッチン( IKEAステンレスタイプキッチン・背面作業カウンター・吊戸棚施主支給品使用 )・その他:バルコニーパイン材ウッドデッキOSオスモオイル塗布仕上

■ リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)

IKEAキッチン

キッチンに関しては、ステンレス仕上げのシステムキッチンをご要望だったため、お客様に直接IKEAまで出向いてもらってご購入頂き、施主支給の形で納入して頂きました。

モルタル土間仕上げのリビングルーム

今回メインの空間である、リビングの床の仕上げをどうするか?と言うことで最後まで悩まれましたが、最終的にはせっかくのリノベーションと言うことで思い切られ、モルタル土間仕上げを選ばれました。
同時に、フローリング部分にも、幅が広めの無垢パイン材を使うことで、より無骨さが感じられる様に仕上げました。

洗面

バスルーム:造付のうえ床50角タイル貼り仕上( バス、洗面、トイレワンルームタイプ )

この専門家のプロジェクト一覧