戸建リフォーム・リノベーション

Ebenum

実施エリア:

京都府京都市中京区堺町通姉小路

延床面積:

108平米

築年数:

17年

内容:

■ リノベーションコンセプト

お洒落なショップや飲食店が並ぶ京都屈指の中心地で、セントラルスクエアと呼ばれるエリアに建つ高級マンション(億ション)の一室をリノベーション。

専有面積が108.30m2と、一般的なマンションよりもかなり広い面積のお部屋で、またリノベーション前のお部屋もリフォームを施された状態で美しくお住まいでしたが、2LDK+納戸のゾーニングだった為、お子様のご成長と共に手狭な使い勝手になって来ておられました。(リビングルームと和室が繋がっていた為に実質的には1LDKの様なゾーニングになっていました。)
また、3帖大の広さの納戸はあったものの、下駄箱を始めそれ以外の各室の収納スペースがが少なく効率の良い収納ができなかった為、お部屋の広さに比して物が多く溢れている様な印象でした。

リノベーションに際してのお施主様からのご要望は、主寝室とお二人のお子様の個室と書斎のある4LDKのゾーニングにすることと、来客が多い為できるだけ生活感の出にくい(住宅っぽくない)空間にしたいと言うものでした。またお料理好きの奥様からは、いつも緊張感を持って美しさを保てる様、アイランドキッチンにしたいとのご要望を頂きました。基本的にそれ以外のデザインコンセプトについてはお任せ頂く形でご依頼頂きました。

そこで、まず使い易そうで使いにくく、且つ空間を分断していた納戸を無くし、代わりにそれぞれの空間で、それぞれに必要なものを効率良く収納して頂ける様に収納スペースを見直すと共に、効率の良いゾーニングを妨げる位置に配置されていたバスルームを、こちらも大幅に移動しました。そうすることによって、それぞれに繋がりがありつつも独立性の保たれた4LDKのゾーニングを実現しました。
書斎とふた部屋の子供部屋のあるゾーンは、下の写真の様に一見扉の無いワンブロックの大きなハコがある様に配置し、隠し扉を開ければ各部屋への入口と大容量の収納スペース、そしてピアノが現れると言うデザインになっています。
この様にデザインそのもので生活感を消すと共に、実際にお住まい頂いた後もほとんどの物を収納の中に仕舞って頂ける様にすることによって、扉を閉じて頂ければ細々した物や生活感のある物が隠せ“凛”とした空間としてご使用頂ける様配慮しています。

また、今回は家具や建具を始めサッシ枠に至るまで、あらゆる箇所の木部の面材に、高級家具や楽器などにも使用される縞黒檀(マカッサエボニー)と言う高級材を使用させて頂きました。この素材感によって、よりラグジュアリーな雰囲気が演出できたと思います。
夜になってライトアップされたお部屋は、さらにラグジュアリーな雰囲気が増し、まるでどこかの高級レストランにいる様な、まさにワイン好きなお施主様に心地良いカクテルタイムをお過ごし頂ける様な空間になったのではないかと思います。

■ 物件概要/1991年新築(築後17年)・京都市中京区堺町通姉小路下る・区分所有マンション・個人住宅リノベーション・床面積108.30m2

■ 主要各部仕上および素材/天井:スケルトンAEP塗装仕上・壁面:PB下地AEP塗装仕上・床材:床暖対応無垢オークフローリング仕上(書斎、子供部屋:カーペット敷仕上)・洗面室:マカッサエボニー突き板張りULCL塗装仕上造付洗面カウンター・玄関:磁器タイル貼り・造作家具:マカッサエボニー突き板張りOSCL塗装仕上・建具:マカッサエボニー突き板張りOLCL塗装仕上(リビングドア:テンパーガラスドア)・キッチン:TOYO KITCHEN STYLE BAYアイランドタイプ・浴室:日ポリ化工OVALユニットバス(浴室暖房乾燥機付)

■ リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)

この専門家のプロジェクト一覧