マンションリノベーション・リフォーム

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (リビングダイニング)

リビングダイニング

素足が気持ちよいハードサイプレスの無垢フローリング。 家の中央に配置されたキッチンは、ママを司令塔とし家族のつながりを尊重しています。広いLDKは、常に家族が集まる場所としてご両親の優しさと厳しさが詰まった場所。勉強と団欒が入り混じる空間に。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (キッチン&勉強机)

キッチン&勉強机

キッチンの前にはお子様とご主人様が3人並んで勉強できるワークスペースを設けました。奥様が料理をしている目の前で勉強している安心感がありますし、家族が孤立しないで目的に応じたことを一つの空間でできるところも、お施主様お気に入りのポイントです。 写真左側の本棚は、ご主人の仕事の本や書類、お子様の本などが置ける大容量に。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (玄関収納&土間スペース)

玄関収納&土間スペース

玄関土間を広めに取り、床から天井まで利用してたっぷり収納できるシューズラックを設置。勉強スペースの本棚と同じデザインにし、統一性を持たせています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (玄関ホール)

玄関ホール

白いドアの奥がサニタリー。玄関ホールはお子様の作品などを飾るために広めにスペースを確保しています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (寝室)

寝室

夫婦の寝室はロフト風の造りに。ベッドを高く作り、下には冬用の布団などの季節ものを仕舞える収納にしています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (子供用ベッド)

子供用ベッド

2段ベッドを造作した子供スペース(男の子2人)。成長に合わせてベッドにカーテンを取り付けるなど、プライベートの確保も考慮しています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (黒板塗料)

黒板塗料

勉強机の横にある黒板塗料の壁。ここで、ご両親が先生役で勉強をしたり、カレンダーを書いて予定を書き込んだり、コミュニケーションツールの一つになっています。そして、ご主人がどうしても作ってあげたかったのぞける穴。この壁の後ろが子供用の2段ベッドになっていて、そこからのぞけるようになっています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (スロップシンク)

スロップシンク

マンションで室内にあることは珍しいスロップシンクを設置。元気いっぱいで遊んで汚れた靴や服を洗ったり、新鮮な泥付き野菜をあらったり、とても重宝しています。

AME TO MUCHI~「あそび」と「まなび」が隣り合う、子供との毎日が楽しい住まい。~ (トグルスイッチ)

トグルスイッチ

スイッチは人の目線にあることが多く、オシャレにすることでより空間が引き締まります。トグルスイッチを採用し、こだわり感を演出しています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, 土地・物件探し

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

愛知県名古屋市昭和区

延床面積

80㎡

施工面積

80㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション)

間取り

3LDK → 1LDK

築年数

30年

期間

設計:2ヶ月 、施工:2ヶ月

完成時期

2013年04月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

二人の元気な男の子を持つお施主様ご一家。パパは「これからの時代、勉強しないと生きていけない!」という考え。パパと子どもたちと三人分のデスクが並んだワークスペースは、しっかりと勉強できる環境でありながら、キッチンに面しているためママとの対話もできます。団らんやゲームを楽しむリビングも広く確保し、勉強とくつろぎ、家族の団らんが両立。メリハリの空間だから、名づけて「AME TO MUCHI(アメトムチ)」。お施主様らしい個性的な住まいです。

家づくりのきっかけ・施主の要望

(お施主様談)上の子が小学校に上がる前に引っ越したかったんです。
新築マンションも見たりしましたけど、あまりピンとこなかったのと、立地としてもそれまで住んでいた賃貸は駅が遠くて、子供を連れながら歩くのがすごく大変で。
やっぱり駅近がいいなと思って中古マンションにしました。

この事例の見どころや工夫したところ

(お施主様談)キッチンからは全体が見渡せるようにしたかったんです。
あと、子ども部屋は作りたくありませんでした。子どもと一緒に過ごせる年月って、すぐに過ぎ去ってしまいますからね。
個室がほしくなったら、子どもが自分で考えて作れるぐらいの余白があればいいかなと。
親としても挑戦ですね。ダメだったら失敗だったなって思うだけです(笑)。

施主の感想

(お施主様談)回遊性のある作りにしたので、子どもたちが全体を走り回れるのがすごくよかったです。逃げ回って大変ですけどね(笑)。
あと、キッチンの前の勉強机はよく使っていますよ。
上の子と並んで勉強してると下の子も並んでくるから、結果的にみんなでそこにいます。
子どもたちは2段ベッドの上が大好きですね。上から紙飛行機をよく飛ばしています。友だちが来ると、みんな真っ先に登りますね。

リノベーションの打ち合わせ中の思い出は? 準備していたことは?

がんばったのは、初回のこの「逆プレゼンシート」だけです。
あとは全部おまかせでしたね。得意な人が得意なことをすればいいと思っていたので、自分たちはやりたいことだけお伝えして、あとのデザイン面などはプロが何とかしてくれると思って、おまかせしました。

会社選びのポイントは?

(お施主様談)不動産探しからワンストップでやっていただけたことと、担当者さんの対応のよさもありました。
テイストとしても、長い目で見て30年間ぐらい住むと思うと、個性的でやりすぎなリノベーションは、ちょっと疲れそうだなと(笑)。 
リノキューブは、きちんと住みやすそうなリノベーションを手がけている印象だったので、それも大きかったですね。

これからリノベーションを検討されている方に、ひと言!

やりたいことがあって伝えるのが苦手な方は特に、最初の「逆プレゼン」はおすすめです。
言葉だけでは伝えきれないことも多いので、最初にまとめておいてよかったと思います。
結果的に要望が全部叶ってるので、想いをありのままに伝えることが大切です!

リノベーション前の写真

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

リノキューブ

リノキューブ

創業146年という歴史を誇る株式会社桶庄のリノベ専門部署。住まい創りに長く関わってきた豊富な経験と、お客様が主役という顧客に寄り沿った自由なデザインコンセプトに基づき、中古物件探し、デザイン、アフターサービスまで、ワンストップでサポートします。

所在地

愛知県名古屋市東区相生町96

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

リノキューブさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

リノキューブ

リノベーション・リフォーム会社 / @愛知県