2017/06/03更新0like7527viewtonomiya

白基調の家~白の選び方と真似したい素敵な事例集~

白色を多く取り入れたお部屋は、清潔感があり、明るく広く感じられる効果があるので人気があります。しかし白といっても、クールに感じる白もあれば、温かみを感じる白もあり、なんとなく選ぶと思い描いていた雰囲気と違ってしまうことも。そこで今回は白色の選び方と白を基調とした素敵な事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

色味を自分の目で確かめよう!

まずは簡単な色の見分け方をご紹介します。

壁紙や塗り壁などのサンプルがあれば、それをなるべく昼間の自然光の下、ご自分の目で見て確認してください。

大まかな基準として、お医者さんの白衣のように真っ白ならば(青みががった白)、ステンレスなど無機質な家具と相性が良く、クールな雰囲気作りに向いています。やや黄みがかった印象の白であれば、木材との相性が良く、柔らかさのある雰囲気作りに向いています。

白色の中でもサンプルがいくつかあれば、並べて見比べるとより違いが分かりやすいですね。

クールな白使いですっきりとした清潔空間に

青みがかった白でクールな印象の壁に、相性のよいステンレスキッチンや家具を合わせることで、よりクールでスマートな印象に。白を基調にして全体の色数を抑えることで、すっきりとした美しい空間にすることができます。

清潔感のあるくつろぎ空間

こちらは対照的な温かみのある白空間です。黄みがかった照明を配することで、柔らかさが生まれます。白基調で清潔感を出しつつ、照明や木製の家具でくつろげる雰囲気をプラスしています。

主役を待つ静かな白空間

美術コレクションを置いたときに引き立つようにと計算された白い空間。階段や手すりまでも白で統一され、静けさを感じます。何か目立たせたいものがある場合、それを邪魔しないのも白のいいところです。

狭さを感じさせにくい白

白の特徴の一つに、広く感じられる効果があります。狭小住宅や狭いスペースこそ白がおすすめです。こちらの廊下は白の効果に加え、ハイサイドライトから光を取り入れることで一層明るく、実際より広く感じることができます。

トーンを抑えて全体的に白の雰囲気を

白をメインにと考えていても、ほかの色との合わせ方によっては脇役になってしまうことがあります。全体的に白っぽい雰囲気を残してまとめたい場合は、他の色のトーンを抑えるというのも一つの方法です。ペールトーンなど淡い色と合わせると、全体の白の雰囲気を損ないません。

存在感のある色を組み合わせて白を際立たせる

色のトーンを抑える方法とは対照的に、しっかりした色みと組み合わせれば、そのコントラストでより白さが際立ちます。こちらは階段手すりやブラケットライトの黒、階段の踏み板や床の濃い茶との組み合わせで、漆喰の白さがより美しく感じられます。

外観の白さで家自体の印象をさわやかに

室内だけでなく外観を白で統一すれば、通りがかる人にもさわやかな印象を与えてくれます。清潔感もあり、家の印象が良くなりそうですね。
白基調といっても色々な白があり、印象も変わってきます。白い家にしたい!白を使いたい!というのではなく、白を使うことでどんな雰囲気の家にしたいか、よく考えておくことが大切です。

色選びに自信がない方は、作りたい雰囲気をしっかり伝えて、それに合った白を専門家に選んでもらいましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る