2015年10月20日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

子どもがリラックスできるリビングに学習スペースを

子どもが小さいうちは、なぜリビング学習が良いかご存知ですか?それはリビングが家族(特に母親)とのつながりを感じ、安心できる場所だから。親は静かな環境の方が勉強に集中できると思いがちですが、子どもは多少の雑音は気にならないようです。それよりもつながりや安心感を求めます。リビングの一角に子どものための学習スペースを設けませんか?


リビングの片隅だけど、しっかり勉強できるスペース。将来的に書斎スペースに変わるものも。

キッチンの脇に勉強机を備えた学習スペースです。棚も作り付けてあるので、収納力も抜群です。宿題をするために勉強用具を求めてウロウロ移動することが無いため、スムーズに勉強に取り掛かることができます。

船橋S邸

リビングの片隅に、作り付けの机と本棚を置いた学習スペース。この本棚には子どもの本だけではなく、家族の本が全ての本が入っていてベンチもおいてあります。学習スペースとしてだけではなく、家族が集まる読書スペースとしての役割も果たしています。子どもが勉強中の間、親もそばで読書タイムを過ごすのはいかがですか?

家族と犬がのびのび暮らすパッシブソーラのエコリフォーム

キッチンカウンターから見えるところに作った学習スペース。天板が長いので、子どもたちだけではなく、大人も一緒に机に向かうことができます。また、目の前を黒板塗装し、絵をかいたり、問題を解いたりできるよう工夫しています。

715 An -庵-

小上がりになった和室の片隅に、簡易的ではありますが立派な学習スペースができています。テーブル、いすと本棚があれば立派な勉強スペース。向かい合って使えるサイズの机なので、兄弟二人で使う事もできますし、親御さんが勉強を見る時にも役立ちます。

T邸 / 風が通り視線が通る、家全体を一日中使える小さな住まい

2人が座って使えるくらいの長さのある天板に、教材を置ける本棚も設置。骨組みだけの机なので、後で使いやすいようにワゴンを置いても良いですね。子どもがここで勉強しなくなったら、親の書斎コーナーにしたり、家事スペースにしても良いでしょう。

武蔵野の緑に映える青屋根の家 – jasmin bleu - (リビング2)

リビングの一角にありながら窓をつけて明かりを十分に取り込み、勉強するにはピッタリのスペースに作られました。兄弟で並んで勉強すればきっと集中力アップできますよ。

H邸・家族の笑顔にあふれる快適な住まい

キッチンカウンターと一体になった勉強スペース。子どもがリビングで勉強するのは一時的な物と考えるなら、他の用途にも使えた方が便利です。こんなキッチンなら、朝食や軽食をここでさっと食べてもいいし、それ以外は家事スペースとして使っても良いですね。

大船の住宅


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング1
  • LD
  • 玄関
  • ガラス張りの外観
  • 外の空間を感じることができるリビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問