注文住宅

トンガリ屋根の家

エリア:

愛知県

内容:

間口は、わずか4m、奥行20mという細長い敷地に加え、名古屋市内の住宅地にありがちな、高さ制限、近接する南側建物など厳しい条件のなか親子2世帯の5人が暮らすためのお宅です。お客さんからは、風通しがよく明るく開放的にして欲しい。そして大好きなイタリアンモダンの角が映える空間にしてほしいとの御要望で計画がスタートしトンガリ屋根のモダンな木造3階建てになりました。3階から吹抜けを通して導かれた光と風は、2階LDKの隅々にまで行き渡ります。オープンな階段、全て引戸にして、視線が抜けるなど工夫し、空間の繋がりが強く感じられ、この狭小敷地に想像以上の快適な空間ができました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

Akihiko Hirukawa

建築家 / @愛知県

住宅を考える場合、土地の条件から最大限の可能性を引き出し、家族ならではの形を発見することから始まります。愉しさや豊かさなど言葉では表せない空間の質というものを大切にしたいと思っています。窓から見せる風景、視線の流れ、風の流れ、人の動線などを考え生活を愉しで貰えるような住宅、気持ちよい空間を造りたいと考えています。人それぞれ愉しみ方は違いますからその家族に合った空間を提案したいと考えています。

Akihiko Hirukawa

建築家 / @愛知県

この専門家のプロジェクト一覧