2016年11月29日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

500万円あれば叶う夢もある!ローコストでおしゃれなリフォーム・リノベーション集

誰しも一度は憧れる自分仕様のマイホーム。いつかいつか…と思いつつ、費用面に頭を悩ませ5年10年と過ぎていく。そんなお宅も多いのではないでしょうか。けれども、予算500万円あればステキに変身できるのです。そこで、500万円以内のリフォーム・リノベーション事例をご紹介します。

3 お気に入り追加 15916view

使えるものは残して費用を抑える

無垢材の温かみが随所に感じられるお宅です。使えるものはそのまま残してリノベーション費用を抑えました。

既存のものに新品を合わせると、なんだかちぐはぐになったり、逆に経年劣化が目立ってしまう事もあるのにそんな違和感を感じない。それって実はすごいこと。そこもちゃんと計算されているのでしょうね。

無垢材特有のコントラストを活かした『Wooden Style リノベーション』

リノベ不動産|Beat HOUSE

リフォーム・リノベーション会社

Beat HOUSEは、「中古購入+設計デザイン+リノベーション+インテリア+ファイナンス」までのワンストップソリューション。社会に「いままでにないワクワクを!」創造・増大・循環させる事で、持続可能な循環型ワクワク社会の実現を追求します。

古い建物を活かすための減築

昭和45年に建てられた木造住宅を減築&リノベーションした事例です。

減築なので古い住宅の多くが残っているわけですが、ファサード(外観)を重点的にリノベーションすることで、ガラッと印象が変わりました。

減築により得られるものはたくさんあります。掃除やメンテナンス・光熱費の軽減だけでなく、家族の距離感も縮まります。少子高齢化や単独世帯が増える中、これからますます需要が高まりそうですね。

リノベーション会社:ルーヴィス「減築した家」(リノベりす掲載)

株式会社ルーヴィス

リフォーム・リノベーション会社

私達の目的は、リノベーションを通じて住宅の選択肢を広げていく事です。 足りないことと余りあること。先進的なことと時代遅れなこと。空気が読めないことと空気が読めすぎること。いずれにしても、人は自分の許容範囲を超えることにストレスを感じてしまいます。住宅分野に関して言えば、供給は需要を上回っているにもかかわらず、過ごしたい空間がなかなか見つからない。「良いなぁ」と思う空間はドラマの中に出てくるセットだったり。。なんとなくストレスを感じませんか?ルーヴィスは中古不動産を活用し、リノベーションすることで自然体の空間を提供出来れば良いなぁ。と考えています。「なんとなく良い」「ちょっと良い」「なんとなく魅かれる」肩肘張らずに、「良いよね」と言ってもらえるようなそんな、フッと腑に落ちるような必然的に自然な空間を提供していきたいと思っています。

家族そろって食事ができるLDKにリノベーション

二世帯住宅のこのお宅。以前のダイニングキッチンは6畳だったため、家族みんなで食事ができるLDKがほしいという想いから始まりました。

ご両親の寝室だった和室と1階のダイニングキッチンを取り替えっこ。家族そろっていただく食事は何よりのご馳走ですね。

Sunny warm style

株式会社エンラージ

リフォーム・リノベーション会社

南青山、厚木、秦野の自然素材のおしゃれなショールームがあります。女性インテリアコーディネーターと一級建築士のチームでワンランク上のリノベーションを行っています。大規模リフォームはお任せ下さい!!

250万円で作業場が落ち着ける住居に変身

コンクリート打ちっぱなしの作業部屋を、暮らしの器へとシフトさせた事例です。

クールな表情は作業部屋としてはオシャレでしたが、新たに求められたのは落ち着ける空間。ワンフロアの無機質な空間が、無垢材をたっぷり使った温かみのある2室へと変身しました。

天井までの棚は、ワンフロアを2部屋に仕切る壁としての役目もあります。仕上げ塗装をセルフビルドにすることで予算をぐんと抑えています。

ローコストリノベーション  無機質空間から木質空間へ

堀 紳一朗

建築家

長く使い続けていただける、心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えております。 和モダン、和風建築、茶室にも対応します。

500万円でマンションの1室をお店のようにリノベーション

まるでお店のような素敵な空間。足場板で作られたリビングドアにオリジナルのアイアン窓。

壁には珪藻土を使うなど、温かみ溢れるなかにも独創性が垣間見えます。これで500万円だというから驚きです。

神戸市東灘区 リノベーション

アンメゾンワールド株式会社

リフォーム・リノベーション会社

関西を中心としたリノベーションの設計・施工及び不動産仲介をしています。 ロンドン、パリやNYに在住した経験を元に「Real」なデザインを提案したいと思います。 また、当社は大手デベロッパーや大手リフォーム会社の経験を生かした「アンメゾンワールド基準」で自社施工します。遮音工事や湿気対策、断熱対策などが得意分野であり、当社が海外製などの「Real」を使用するひとつです。 なお、建築カメラマン・ハウスメーカーなどの業界関係者や拘りをもったデザイン関係者などからの依頼が多いです。

380万円で、扉を開けると土間が広がるマンションに

65㎡のマンションをリノベーション。玄関を入ると目の前に広い土間空間が広がり、開放的ですね。

壁に囲まれていたキッチンをオープンな対面式にしたり、緑のアクセントウォールや空間のゾーン分けなどにより、狭さを感じさせない工夫がされています。

水回りはそのまま使い、収納建具を極力なくすことで380万円という金額が実現しました。

No.22 30代/3人暮らし (玄関)

株式会社秀建 SHUKEN

リフォーム・リノベーション会社

お客様のご要望に+αのご提案と感動と、10年後も安心していただける住まいづくりを目指しています。

ローコストでのリノベーション。どこに頼んでいいか迷ったなら、まずはご相談ください。

SUVACOでは、なかなか「専門家(リノベーション会社・建築家・工務店)が選べない…」「要望がまとめられない…」といった悩みを解決するため、住宅業界での経験豊富なアドバイザーによる「専門家紹介サービス(無料)」をご用意しています。

紹介といってもご提案させていただいて気に入らなければおつなぎすることはありませんので安心してお気軽にお問い合わせください。


この記事を書いた人

cottonさん

フリーでお花の仕事をしています。インテリアと花は切っても切れない関係。趣味と実益兼ねてパートをしたリフォーム会社で、建築業界の虜になりました。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • DINING2
  • 外観1(撮影:Adachi Osamu)
  • 外観
  • Dining&Kitchen

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問