注文住宅

大きな柿の木とおばあちゃんの家

内容:

おじいちゃんが大切に育てた大きな2本の柿の木と、それに寄り添って暮らすおばあちゃんの、小さな平屋住宅です。

外観1

広い庭と柿の木に寄り添うような、シンプルで控えめな外観です。正面には杉板、その他はガルバリウム鋼板を使っています。斜めに伸びた壁は、外からの視線を緩やかに遮ってくれます。

外観2

杉板張りの、落ち着いた外観。ヒノキの縁側には、ネコがひなたぼっこしにやってきます。

リビング

シンプルで明るいリビングです。冬は床暖房であったか、夏はハイサイドライトから換気が出来ます。おばあちゃんの嫁入り道具の箪笥を再利用したテレビ台があります。壁は孫たちがしっくいを塗りました。

寝室(左奥)

南向きの寝室は、布団を床に置いておくだけで日干しOK。床暖房でぽかぽか、トイレもすぐそばにあります。

玄関・廊下

玄関と廊下は広々として使いやすく。廊下には壁をへこませてつくった手すりがあります。小さなお花を飾ったり、本を置いたりすることもできます。

お風呂

ヒノキをふんだんに使った造作風呂。木の香りと小窓から見える庭で、リラックスのひとときを。

トイレ

おしゃれなタイルを張ったトイレ。白を基調とした家に、とてもよく映えます。