「可動式」の記事一覧

ライフスタイルに合わせて”部屋数を変更”できる家

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

2016-07-22 07:30:001138 View

家は一生ものの買い物ですが、何年もずっと変わらないライフスタイルで過ごすとは限りません。特にお子さんがいるご家庭は、子供が成長して部屋が手狭になったり、独り立ちして家を出て行くこともあります。他にも泊りがけの来客があったり、急に自分だけの部屋が欲しくなったり、生活には何かしらの変化が訪れるものです。そんな時に役立てるため、楽に部屋数を変更できるようにあらかじめ準備しておくのはどうでしょうか。すぐに出来てしまうものから多少の工事が必要なものまで、部屋数を変更するためのアイデアをご紹介いたします。

続きを読む

「棚柱」が叶えてくれるフレキシブルな収納方法

おしゃれな部屋事例(収納)

2016-07-11 22:00:002309 View

リビングやキッチン、クローゼットやデスク周りなど、いくら片付けてもすぐ散らかってしまう。いつの間にか増える本や子供の教材など、どこに仕舞ったらいいのかわからない…。また、収納場所とモノのサイズが異なるために、いつも外に出しっぱなしになってしまうモノも多いのではないでしょうか。そんな収納のお悩みを解決してくれるのが「可動式の棚」です。 今回は「棚柱」と呼ばれる建材を使った収納術をご紹介いたします。

続きを読む

部屋が2WAYになる!! 「可動間仕切り」が便利です!

インテリア(その他)

2016-03-29 21:30:002658 View

可動間仕切りとは、取り外しができたり動く仕掛けになっている間仕切りのことです。固定で壁を作ってしまうとその場所から動かせませんが、可動式にしておくことで必要に応じて空間を仕切ることができ大変便利です。お部屋を2WAY仕様にしてくれる、可動間仕切りの様々なデザインや使い方をご紹介します。

続きを読む

自由自在に収納できる!~チャンネルサポートを使用した収納棚~

おしゃれな部屋事例(収納)

2015-12-29 22:30:003976 View

「チャンネルサポート」とは、スリットの入った棚柱の金物です。 そこに「ブラケット」という棚受けを差し込み、棚板を乗せた可動式の棚です。 スリットの感覚は細かく入っているので、収納やディスプレイするもの高さに合わせて設定ができる便利棚です! また、壁だけではなく家具などに取り付けるステンレスの棚柱もあり、同じ役目をします。 基本的には壁に埋め込んで使うのですが、DIYでそのまま壁に取り付けることもでき、お手軽に棚スペースを確保することができます。(後付けの場合は、壁の裏に芯がある場所に取り付けないと、上手く固定せず崩れてしまう可能性があるので要注意です) そんなチャンネルサポートを活用した収納スペースをいくつかご紹介していきます。

続きを読む

成長してもずっと使える子供専用空間~実例集~

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

2015-08-08 18:00:006000 View

子育て中ならば一度は考える「子供部屋の必要性」。近頃はリビングで学習する子供が増え、リビング学習の良さも唱えられています。また、引きこもりにならないように隔離した形の子供専用空間をつくらないという考えもあります。しかし、個人のプライベート空間は、子供とはいえ自立心や責任感を育てるために必要だという考えもあります。そこで今回は、子供部屋をつくる際に親がしている工夫を紹介したいと思います。

続きを読む

将来を考える部屋づくり~可動式で変幻自在の子ども部屋~

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

2015-06-11 21:30:007214 View

家を建てる際、まだ子どものいないご家庭の方は、子ども部屋をどのくらい作ればよいか迷いますよね。 また、子どもがある程度大きくなってから家を建てる際も、数年使うだけの子ども部屋を作るべきか悩みますよね。 いつまでもずっと同じ家で過ごせない、でも、子ども一人一人に部屋を作ってあげたい。そんな思いに答えられるのが、可動式のお部屋です。子どもの人数が増えても減っても可動式で部屋数を変えられれば、使い勝手が良いと思いませんか? 今回は、可動式の子ども部屋の事例をご紹介します。

続きを読む

豊かな老後の暮らしを目指す≪シニア世代快適リノベーション≫

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

2015-03-14 14:00:002233 View

世界有数の長寿国となった日本。加齢で身体の機能が低下すると、歩いたり、座ったりといった日常の動作でも負担が大きくなり、転倒などの危険も生じます。高齢者の住宅に限らず、将来を見据えてリノベーションでバリアフリー化することは、長く住み続けられる住宅の基本性能ともいえます。また、バリアフリー化された住宅は高齢者だけでなく、幼児や妊婦にとっても優しい住まい。少子高齢化社会において豊かな暮らしの基盤となるバリアフリー住宅のポイントを学んでおきましょう。

続きを読む

自宅から気軽に質問